費用で選ぶマンションにおすすめの防犯カメラ!100万円以内で抑えたい方へ!

マンションと防犯カメラ

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

みなさんこんにちは。カメチョ編集部です。今回は前回の記事「管理組合で対応可能!防犯カメラによるマンションのセキュリティ強化計画」に引き続き、集合住宅、マンションにおすすめの防犯カメラシステムをご紹介したいと思います。前回もご紹介しましたが、パナソニックの防犯カメラシステムが183万円でした。

こちらに対抗する形で100万円以内で導入する防犯カメラを設置場所ごとに選定したいと思います。

入り口で不審者ににらみをきかせる!エントランス用のカメラ

エントランス用のカメラは夜間でも人相まで確認できる性能が必要になりそうです。ただし一般的にエントランスには24時間照明があるので赤外線カメラ機能などは不要です。

  • 撮影出来る確度が広いドーム型
  • できれば人相まで読み取りたいのでフルHD画質での録画に対応
  • PoE給電対応
  • カラー撮影時の被写体最低照度が1ルクス以上

上記の条件を満たすカメラはコレガの「CG-NCDO011A」です。非常にコストパフォーマンスが良い製品で、直販店での価格は29,800円(税込/2016年9月8日現在)
security-mansion-2-6
設置台数1台で小計:29,800円(税込)

参考URL:メーカー直販サイトURL(外部サイト)

ごみ出しのマナー違反は許さない!ゴミ置き場用のカメラ

ごみ置き場も放火などの犯罪の現場になったり、マンションの住人のごみ出しマナー違反の取締り用に防犯カメラの設置割合が比較的高い場所です。夜間監視の必要がありますので、ナイトモードを備えたカメラが必要になります。必要な要件は下記の通りです。

  • デイナイト機能
  • PoE給電対応
  • ONVIF規格対応
  • 屋外用ボックス型カメラ

上記の条件を満たすカメラはTOAの屋外用フルHDネットワークカメラ「N-C3420-3」です。
TOAのおすすめ防犯カメラ

TOAはRBSS認証も取得している国内メーカーであり高品質な製品を製造しています。しかも[N-C3420-3]はカメラのハウジングがセットになっているので取り付け金具やカメラボックス等の追加購入も必要ありません。

価格は57,550円(税込/2016年9月8日現在)

販売HP(外部サイト)

車上荒らしをシャットアウト!駐車場用のカメラ

駐車場、駐輪場用の防犯カメラ・監視カメラもごみ置き場用のカメラと同じ要件で利用が出来ますのでTOAの屋外用フルHDネットワークカメラ「N-C3420-3」を利用することにします。

設置台数は駐車場に2台、駐輪場に1台の3台で小計:164,430円(税抜)

万が一の閉じこもりの際にも安心!エレベーター用のカメラ

エレベーターの防犯カメラはエレベーターのメーカーに頼むのが普通ですが、追加で設置するとなると相当な費用が発生してしまいますので今回はより安く導入できる方法を考えて見ましょう。
エレベーター自体は動力電源の三相200Vの電源で動いていますが、エレベーターのカゴ内には照明や換気扇等の保守作業用に100Vの独立電源が用意されています。こちらは専門の業者による工事が必要になりますので、若干費用は発生しますがこの電源を利用し、伝送ケーブルは無線化することでエレベーター内への設置が可能になります。
エレベーターのカゴへの防犯カメラの設置はエレベーターメーカーの保守上難しい場合もありますので、事前に保守業者やメーカーに確認の上ご検討ください。
安価に導入できる選択肢としてはアナログ電波で映像を飛ばし、電波の受信機から同軸ケーブルでレコーダーまで引っ張りレコーダーでアナログ情報をデジタル変換し録画するという方法なのですが、無線での伝送、同軸ケーブルの長さによってはどうしても伝送時にノイズが出てきてしまう可能性があります。
ですので今回は高出力の無線LANを利用したカメラシステムを構築したいと思います。5階建て程度のマンションであれば下記のコンシューマー向け製品で電波が届くかと思います。無線LANの親機は中間である3階に設置しましょう。おすすめの無線LAN親機と防犯カメラは下記です。
BUFFALO 無線LAN親機[WXR-1900DHP2] 20,185円(税込)
Buffalo(バッファロー)無線LAN親機WXR-1900DHP2
PanasonicONVIF規格対応HDネットワークカメラ[BB-SP104W] 19,800円(税込み)
PanasonicONVIF規格対応HDネットワークカメラ[BB-SP104W]

参考URL:Panasonc [BB-SP104E]紹介HP(外部サイト)

小計:31,695円(税抜)

PoE給電可能なスイッチングハブで電源不要のラクラク接続

ご存知の方も多いかも知れませんが、マンションへの防犯カメラ導入で意外と金額が掛かってしまうのが工事費です。その中でも電源工事には電気設備工事の資格を持った専門の業者による施工が必要になりますので、防犯カメラは映像を伝送するケーブルで給電するタイプ(PoE:パワーオーバーイーサネット対応規格)のものを今回はチョイスします。電源工事が不要になるので導入費用の大幅な削減につながります。

カメチョオススメのスイッチングハブはサンワサプライの「LAN-SWHPOE44」です。直販店での価格は27,593円(税抜/2016年9月8日現在)

security-mansion-2-5設置台数は2台で小計:37,600円(税抜)

参考URL:サンワラプライPoEプラス対応スイッチングハブLAN-SWHPOE44

その他必要に応じて設置が必要になる場所

上記でご説明した以外にも住戸が面する廊下や庭などの外構部、共用部なども必要に応じて設置を行うようにしましょう。今回は「1階共用スペース」「非常階段」の2箇所に設置するという想定で考えてみましょう。

価格は115,100円(税抜/2016年9月8日現在)

録画するレコーダー(NVR)はONVIF規格で異なるメーカーにカメラをまとめて管理

最後は映像を録画するレコーダーの選定です。といっても上記の条件で気づいた方が居るかも知れませんが、すべてのカメラをONVIF規格に対応した防犯カメラ・監視カメラを選んでいます。NVR(ネットワークビデオレコーダー)経由で録画する方式であれば、外部からネットワークを参照してのモニタリングが可能になるほか、レコーダーの機能自体をクラウド化・外部化することも可能になります。カメチョがオススメするのは
コレガ フルHD対応ネットワークビデオレコーダー[DS-2109 Pro 4TB]です。
コレガ-フルHD録画対応のネットワークレコーダー[DS-2109 Pro 4TB]
下記のカメラ台数の構成で録画可能時間を計算すると

  • カメラ台数:フルHD録画(1920x1080px)
  • フレームレート:5フレーム/秒
  • 総設置台数は8台(レコーダーの対応可能台数は最大9台まで)

ハードディスクが4TBの場合約21日間の録画が可能です。

価格は:302,850円(税込)

気になる機器の合計金額は・・・

と、ここまででざっと説明してきましたが、設置箇所、必要な機能の要件、防犯上気をつけたいポイントなど簡単に理解できたと思います。他に発生する費用としてはエレベーター用カメラのLANケーブルの配線等で約20万円程度の工事費が発生します。また、カメラ・レコーダーの保守・メンテナンス契約を行うと月額5,000円~15,000円程度ランニングコストが掛かるでしょう。

そして、今回ご紹介した機器の合計金額は747,315円!!
工事費が20万円だとしてもギリギリ100万円に納まりそうです。

今回の記事では本当にざっくりとした内容しか説明しておりませんので、またの機会にレコーダーの選び方やその機能についてもまとめたいと思います。マンションの管理組合の理事で防犯対策の話題が出たときなどにご参考にしていただければと思います。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口