玄関に!自分で設置出来る!高機能な!防犯カメラはコレです!

Brinnnoブリンノ)ドアスコープカメラ[PHV MAC]

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

みなさんこんにちは、カメチョ編集部です。本日は、個人宅の防犯カメラ・監視カメラの導入に関しての画素数とカメラのタイプに関して少し解説したいと思います。

個人宅に防犯カメラを導入する場合

大抵の場合、個人宅に防犯目的で防犯カメラを設置する場合には、複数台のネットワークカメラと動体検知のシステムを導入して不審な人物を感知したときに遠隔地でもアプリやメールでリアルタイムに通知が来る仕組みを構築する、といった大掛かりな仕組みを導入することは費用の面から合理的とはいえません。専門知識のある方なら自宅に録画サーバーを構築してカメラの購入や取り付け、配線も自身で行うことで費用も抑えることが出来ないわけではないですが、専門知識が無いとかなりハードです。そこで今回は、専門の業者による作業が不要の自分で設置できる防犯カメラを設置場所と設置目的別にいくつかご紹介したいと思います。しかし、工事が不要で設置が出来るカメラはSDカードに録画するタイプが大半で、映像のリアルタイムの確認が出来なかったり、電源を確保するための配線に専門の工具が必要だったりする場合が多いため、なかなかこれといったカメラを選定するのが難しいのではないでしょうか。そんな悩みを解決するべく今回は業者による工事や専門知識が不要で設置が出来るカメラを設置場所ごとにいくつかご紹介したいと思います。
個人宅の場合に限ったことでは無いですが、防犯カメラ・監視カメラは、まだ起きていない犯罪に対処するための防犯機器ですが、犯人の目星が付いており、同一人物の再犯を防止するため、決定的証拠を押さえるためなども意外に多いのですが・・・。

個人宅に防犯カメラの設置をご検討中の方は、ご自身で設置する前に一度プロに相談することをオススメします。本サイトでは、防犯カメラ設置のプロに無料で相談していただけますので、ぜひご活用くださいね。
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

「brinno(ブリンノ)」のドアスコープカメラ「PHVMAC」

ドアスコープカメラ[PHV MAC]今回紹介するカメラは台湾の光学機器メーカー「brinno(ブリンノ)」のドアスコープカメラ「PHVMAC」です。ドアスコープカメラとはその名の通り玄関扉の覗き穴に設置することで訪問者を自動で検知して録画を行ってくれる頼もしいカメラです。日本国内では「ルスカ」の名称で販売されています。

特徴1「誰でも簡単に設置が可能」

このドアスコープカメラの最大の特徴はなんと言っても設置が簡単に出来ることでしょう。大抵のドアスコープは内側からコインやドライバーなどでネジるだけで簡単に取り外せるので専門の工具が不要で取り付けが出来るはずです。カメラの取り付けの際も同様で、難しい設定も不要のため、カメラなどの防犯機器に慣れない方でも簡単に設置できるはずです。ごく稀にドアスコープの直径が異なる場合もあるので、念のため穴の直径が12mmかどうか確認するようにしましょう(性能は同じで14mmの穴に対応した製品もあります)。もちろん逆の手順で元のドアスコープに戻すことも簡単なので、賃貸住宅などのアパートでも気軽に設置できる点も見逃せません。

特徴2「動体検知(トリガー)録画機能」

本製品は動体検知録画(トリガー録画)機能にも対応しており、訪問者があった場合にのみ録画を行える設定になっているので留守中の監視で威力を発揮します。不審者の記録や悪質な訪問販売などは、防犯カメラがあることが外からわからないため「威嚇」の効果は無いですが、密かに証拠を残せるので、離れて暮らす高齢者世帯がこういった被害にあった場合の決定的証拠になります。ドアの外に動くものや光るものが常に見える環境の場合には常に録画が行われる状態になるため、そういった場合には本製品を選ばないほうが良いかも知れません。

特徴3「6ヶ月充電不要の長寿命設計」

バッテリーは単3電池4本で稼動するので面倒な配線も不要です。電池の寿命は最大で9000回までの検知・録画に対応しており、稼動期間も6ヶ月と非常に長いのが特徴です。

特徴4「SDカード録画の完全ワイヤレス設計」

電源とあわせて注目しておきたいのがmicroSDカードに録画が出来ることです。ネットワークカメラのように接続に苦労することも無く設置ができ、32GBまでのmicroSDカードに対応しているため、そこまでストレージの容量を気にせずに記録を行うことが出来ます。加えて本体に小さなモニターが付いているので、記録した映像・画像のプレイバック確認もいちいちSDカードを取り外す必要もありません。

防犯カメラを設置した後に後悔しないために、事前に無料相談してみませんか?防犯カメラの設置を迷っている、どんな防犯カメラが良いか知りたい、設置の費用はどれくらいするの、など防犯カメラ設置のお悩みをプロが一発解決致します。ぜひご活用くださいね。
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

まとめ(と惜しい点)

価格もそれほど高いわけでは無いため、多くを求めるのは無理があるかも知れませんが、前述の悪質な訪問販売などに対抗するには「音声を録音する機能」も欲しいところです。また、撮影可能な画角(水平)が92度と一般的なドアスコープと比較すると狭い点も出来ればレンズの選択肢などで調節できると尚良いのではないでしょうか。また、暗視機能には対応していないので、夜間は玄関が明るく無い限り録画が出来ない点もザンネンポイントといえるでしょう。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。