こいつ…動くぞ!ペットと遊べる監視カメラilbo(イルボ)

ilbo 移動式 お留守番 カメラ 遠隔操作で場所の移動ができるカメラ

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

みなさん、こんにちは。カメチョ編集部です。独身世代やDINKSなど、ペットだけで留守番をさせている人も多いかと思います。犬や猫などのペットが家族の一員としての地位を確立しつつある昨今ですが、そんな人におすすめしたいペット監視カメラが今回ご紹介する「ペット監視用カメラilbo(イルボ)」です。
外出先からペットの様子を見たいという需要は多いようで、各メーカーから様々なカメラが発売されていますが、スピーカーを内蔵していて声を届けられたり、温度計を内蔵していて部屋の温度が分かったりするだけで基本的な機能に違いはありませんでした。
ところが今回ご紹介するilboは一味違います。

こいつ、動くぞ!

Ilboの最大の特徴であり、これまでありそうでなかった機能が移動できるという点です。
写真を見れば分かると思いますが、カメラ本体の下側にモーターが付いており、遠隔操作が出来ます。
ネットワークカメラでペットの監視を行おうとした方なら分かると思いますが、カメラをどこにどの角度で設置すればよいかはかなり悩むポイントだと思います。ペット用の監視カメラはせいぜいが広い画角のレンズで部屋の中が見渡せるか、もしくはレンズ部分の角度を動かせる程度です。

ilbo操作画面
その点「ilbo」なら犬や猫などのペットがどこにいてもカメラ自体を動かしてペットを見つけることも出来ます。しかも操作はカメラの映像を見ながらの操作なので簡単です。

ペットと遊ぶことも!

涙なくしては語れない「ilbo」開発

2013年の9月に第一弾のプロモーションムービーがYouTubeにアップされており、クラウドファンディングサービスの「COUNT DOWN」にて資金集めを行っていたようなのですが、ちょっと世間が時代に追いついていなかったのか資金集めは失敗してしまったようです。この時点でカメラのフォルムは今回発売されるものとほとんど変わっていなかったことを考えると口惜しいです。
にもかかわらず開発を継続して行い、3年後の2016年7月の発売にこぎつけた模様です。このあたりにプロジェクトX的なメーカーの執念が垣間見えますよね。メーカーとしてもそれだけ自身を持って世間に送り出す製品だともいえるでしょう。

他にも便利な機能を搭載(予定含む)!

上記のように、不死鳥の様によみがえった「ilbo」プロジェクトですが、2013年当時は発表されていなかった機能を引っさげて磐石の態勢で他の見守りカメラを蹴散らすつもりでいるようです。

Ilbo自身が接続することで充電が行える充電クレードルが付属!

充電クレードルあり

リモコンとしてエアコンなどの家電を操作することが可能(予定)!

将来的にはエアコンの操作も可能

・マイク・スピーカー内蔵で飼い主の声を届けられる!

スピーカーを搭載

まとめ

ここまで高機能でお値段はなんと31,000円(税込み33,480円)!
結構戦略的な価格です。トイプードルの子犬がだいたい30万円ぐらいですから大体1/10ぐらいの価格です。惜しむらくは、現状操作する側のアプリケーションがiOS(iPhone,iPad)だけの対応ということ(Androidには2016年秋ごろ対応予定)です。欲を言えばカバーの色のバリエーションももう少し豊富であれば人気が出そうですし、カメラの画素数も静止画像を撮ってSNSにアップしたりするには解像度が不足しているようにも思えます。

ilbo本体仕様詳細

全長 x 全幅 x 全高 180 x 180 x 167 [mm]
重量 825g
カメラ 30万画素 C-MOS
チルト制御可
H.264 640×480 30fps
音声 マイク、スピーカー内蔵
移動方向 前進・後退・左右旋回
無線 LAN IEEE802.11b/g/n 2.4GHz WPA2
電源 ニッケル水素電池
連続動作時間 4時間 (静止状態)
連続走行時間 2時間
筐体色
その他 温度センサ、赤外線リモコン機能を将来実装予定
パッケージ内容 ilbo本体
充電用ケーブル
ユーザーズマニュアル