レコーダー不要のクラウド録画9サービスを比較【法人向け・価格も紹介】

セキュリティが重要

みなさんこんにちは。カメチョ編集部です。今回は前回の記事「録画機器不要!クラウド型防犯カメラのメリットとデメリット【個人向け】」に引き続きクラウド型防犯カメラについて皆さんにご紹介したいと思います。前回はクラウド型防犯カメラのメリットデメリットに関してお伝えしましたが、今回は法人向けにオススメのクラウド型防犯カメラを厳選してご紹介します。

1.NTT東日本「ギガらくカメラ」

ギガらくカメラ
インターネット回線フレッツを提供するNTT東日本が提供する店舗向けカメラモニタリング・録画サービスです。録画映像はNTT東日本のクラウドサーバー上に保存されるので、データ消失の危険性がかなり低いサービスといえるでしょう。また、録画映像の閲覧やモニタリングが可能な権限・IDを発行することで対象を限定して公開することも出来るので、託児所や保育園などにも採用例があるサービス(保護者へのストリーミング配信)です。

NTT東日本では「ギガらくWi-Fi」という店舗・オフィス向けの高機能アクセスポイントサービスを提供しており、このサービスと組み合わせることでセキュアな監視システムを構築することもできます。

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 3日/7日/15日/31日から選択
音声発信機能
動体検知機能
録画スケジューリング機能 ×
アラートメール通知機能
システム構成の最多台数 無制限
首振り・ズームなどの遠隔操作 ○(選択するカメラ本体による)
デイナイト機能
本体録画機能 ×
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認 △(ブラウザでの確認)
お客様サポート 電話サポートセンターあり
初期設定サポート 取り付け工事は専門業者。初期費用無料
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認
防犯カメラの選択肢 3メーカー37機種から選択可能
価格 モニタリングプラン980円
3日間録画3200円~

参考URL:
ギガらくカメラ公式HP(外部サイト)
ギガらくWi-Fi公式HP(外部サイト)

2.ネットカムシステムズ「さば録」

さば録

ネットカムシステムズはおそらく聞いたことがないメーカーだと思いますが、医療分野の乳がん検診用のマンモグラフィー検査ソフトウェアも開発しており、大規模な監視カメラシステム開発も行う技術力の高いメーカーです。今回紹介する中では録画映像の保存容量に対する月額費用が最も低いサービスになります。100万画素のカメラを5フレーム/秒で走らせて、月額1,000円で提供しているので筆者個人的にはオススメのメーカーです。

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 7日/14日/31日から選択
動体検知機能 ×
録画スケジューリング機能 ×
アラートメール通知機能 ×
システム構成の最多台数 999台
防犯カメラの選択肢 なし
首振り・ズームなどの遠隔操作 ○(選択するカメラ本体による)
デイナイト機能
本体録画機能 ×
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認 △(ブラウザでの確認)
お客様サポート 電話サポートセンターあり
初期設定サポート 取り付け工事は専門業者。初期費用無料
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認
防犯カメラの選択肢 Panasonic i-Pro/BB-Sシリーズ
AXIS 全機種対応
価格 初期費用30,000円+カメラ1台につき3000円
7日録画コース:1000~2000円/月

参考URL:さば録公式HP(外部サイト)

3.キヤノンMJ 「VisuialStage Type-Basic」

VisualStage

スウェーデンの世界シェア最大のカメラメーカー「アクシスコミュニケーションズ」を買収したキヤノンの関連会社が提供するクラウドサービスです。現在はキヤノン製のカメラにのみ対応していますが、近くアクシス製の高機能カメラにも対応するのではないかと思われます。最長365日の常時録画に対応した録画容量を選択できる高機能なサービスです。画面解像度がVGA(640×480ピクセル)にしか対応していないので、利用範囲は限られるかもしれません。今後フルHDなどの録画に対応する可能性もあるので期待したいサービスです。

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 7日/15日/30日/60日/90日/180日/365日から選択
動体検知機能 ×
録画スケジューリング機能
アラートメール通知機能 ×
システム構成の最多台数 無制限
首振り・ズームなどの遠隔操作
デイナイト機能
本体録画機能 ×
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認
お客様サポート 電話サポートセンターあり
初期設定サポート あり
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認
防犯カメラの選択肢 キヤノン製ネットワークカメラに対応可能
価格 初期費用10,000円+カメラ1台につき5000円
モニタリングプラン:1,200円/月
月額7日コース:3,980円/月~

参考URL:VisuialStage Type-Basic公式HP(外部サイト)

4.NTTPCコミュニケーションズ 「セキュアカメラクラウドサービス」

セキュアクラウドサービス

こちらは今回紹介する製品・サービスの中で唯一「MOBOTIX社」のカメラに対応しています。このサービスを取り上げたのも、このMOBOTIX社の紹介を是非したいと思い、選びました。NTTPCコミュニケーションズは法人向けにデータセンターやネットワークセキュリティ管理などの業務を行っている会社ということもあり、今回のセキュアカメラクラウドサービスも価格は公表されているものの、映像解析等のオプションに柔軟に対応できるカスタマイズ性に富んだサービスです。ドイツのカメラメーカーであるMOBOTIX社は従来の防犯カメラ・監視カメラシステムであればレコーダーやサーバー側で行う人数カウントや導線分析などの処理を撮影を行うカメラ側で行い、処理を分散する技術を持っている会社なのです。現在は日本の「コニカミノルタ」に買収されていますが、この技術を利用して法人向けに小売店舗の導線分析や混雑状況の分析など高度な画像解析システムを構築することが可能になるでしょう。先進的な取り組みで他社と差別化を行う企業にオススメのサービスです。

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 情報なし
動体検知機能
録画スケジューリング機能
アラートメール通知機能
システム構成の最多台数 情報なし
首振り・ズームなどの遠隔操作
デイナイト機能
本体録画機能
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認 △ブラウザで確認
お客様サポート 電話サポートあり
初期設定サポート あり
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認
防犯カメラの選択肢 MOBOTIX社、AXIS、Panasonic製品に対応
価格 初期費用15,000円+カメラ1台につき5000円
基本料金5,000円/月
クラウドサーバー利用料:1台4,500円/月

参考URL:セキュアカメラクラウド公式HP(外部サイト)

5.safie株式会社「safie(セーフィー)/safie for PRO(セーフィーフォープロ)」

Safie Pro

こちらは前回の記事「録画機器不要!クラウド型防犯カメラのメリットとデメリット【個人向け】」でもご紹介した製品です。主に個人宅向けのセーフィーだけでなく、PoE給電可能なカメラが選択でき、映像の保存期間も延長できる法人利用が可能なセーフィーフォープロというサービスもあるので引き続きご紹介しています。カメラが4台セットになったプランの場合、通常必要になるカメラの購入費用が月額費用の中に含まれているので1年などのスパンで区切って利用する際などにオススメしたいカメラです。

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 7日/14日/30日/60日/90日から選択
動体検知機能
録画スケジューリング機能
アラートメール通知機能
システム構成の最多台数 無制限
首振り・ズームなどの遠隔操作
デイナイト機能
本体録画機能
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認
お客様サポート 電話サポートあり
初期設定サポート あり
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認
防犯カメラの選択肢 ELMO(エルモ)社製の2製品から選択
価格 初期費用は無料、録画期間7日間、カメラ4台の
パックメニューで11,000円/月

参考URL:safie for PRO公式HP(外部サイト)

6.セールスパートナー「クラウド安心カメラ」

SALES PARTNER クラウド安心カメラ

こちらはサーバー側での録画が出来ないカメラなのですが、非常に機能が充実しているので是非ご紹介したいと思います。映像の配信はサーバー側で行い、録画は本体に挿入するタイプです。カメラ本体に各種センサーが内蔵されており、

  • 赤外線を利用した人体感知センサー
  • 物の動きを検出し、自動で録画を開始できる動体検知機能
  • 録画する日時および時間を自由に設定できるスケジュール録画機能
  • カメラ周辺の温度を確認できる温度センサー
  • 各種センサーに反応してメール通知を送るアラート機能
  • カメラに備わったマイクを通して声を届けられる遠隔スピーカー機能

となっており、赤外線カメラ機能も付いているので、介護用やペットの監視用としても威力を発揮するはずですので法人だけでなく、個人向けとしても十分活用可能なはずです。ただし、月額の利用料が税込みで5,000円を超える上、最低利用機関が36ヶ月もあるという落とし穴もあります。

機能紹介

サーバー側録画 ×
保存期間 本体に設置するSDメモリーカードの容量による
動体検知機能
録画スケジューリング機能
アラートメール通知機能
システム構成の最多台数 36台
首振り・ズームなどの遠隔操作
デイナイト機能
本体録画機能
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認
お客様サポート 電話サポートあり
初期設定サポート あり
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認 ウェブブラウザ上で確認
防犯カメラの選択肢 なし
価格 4,743円/月

参考URL:クラウドカメラ公式HP(外部サイト)

 

7.協立電機 「KDLinX」

KD Linx

こちらはサーバー情報などがホームページや資料等に記載されていなかったサービスですが、利用料金が非常に安いので紹介します。

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 本体録画用のSDメモリーカードによる
動体検知機能
録画スケジューリング機能 ×
アラートメール通知機能 ×
システム構成の最多台数 情報なし
首振り・ズームなどの遠隔操作
デイナイト機能
本体録画機能 ×
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認
お客様サポート 電話サポートあり
初期設定サポート あり
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認 ○(ブラウザでの利用)
防犯カメラの選択肢 14種類から選択可能
価格 モニタリングのみ:無料
録画期間3日間:1台あたり680円/月
録画期間7日間:1台あたり980円/月

参考URL:KD Linx公式HP(外部サイト)

8.コンピューター・ビジネス 「クラウドIPカメラ」

コンピュータービジネスのクラウドIPカメラ

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 31日
動体検知機能 情報なし
録画スケジューリング機能 情報なし
アラートメール通知機能 情報なし
システム構成の最多台数 情報なし
首振り・ズームなどの遠隔操作 情報なし
デイナイト機能
本体録画機能 ×
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認 △(オプション機能、1台に付き1,000円/税別)
お客様サポート 情報なし
初期設定サポート あり
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認
防犯カメラの選択肢 同社指定のネットワークカメラ8製品より選択[720p~1080p、2FPS]
価格 初期費用は工事費実費
基本利用料:3,000円+カメラ1台ごとに1,500円/月

参考URL:クラウドIPカメラ公式HP(外部サイト)

9.Panasonic「クラウドレコーダーVer.3.1」

Panasonicのクラウドレコーダー

Panasonicのクラウド監視カメラサービスは比較的歴史があり、スマホでの映像確認などは画面の設計もしっかりしており、使いやすいサービスになっています。ただし、録画される映像の仕様がJPEG画像となっており、若干時代遅れな感が否めません。

機能紹介

サーバー側録画
保存期間 3日/7日/14日/31日から選択
動体検知機能 センサーと録画開始の連携機能あり
録画スケジューリング機能 ×
アラートメール通知機能 ○(カメラからの通信切断時のみ)
システム構成の最多台数 情報なし
首振り・ズームなどの遠隔操作
デイナイト機能
本体録画機能 ×
専用アプリ(スマホ・タブレット)での映像確認
お客様サポート 電話サポートあり
初期設定サポート あり
専用ソフトウェア(PC用)での映像確認
防犯カメラの選択肢 Panasonic i-Pro/BB-Sシリーズ
価格 初期費用は工事費実費
モニタリングのみの場合:1,500円/月
3日保存で1台あたり4,500円/月

参考URL:クラウドレコーダー公式HP(外部サイト)

まとめ

いかがだったでしょうか。確かにランニングコストは掛かってしまいますが、レコーダーのスペースが確保できない場所や見回りが必要だった箇所にこういったモニタリングカメラを設置することで人件費が圧縮できることもあります。自社にあった防犯カメラサービスの選択肢の一つとしてクラウド型の防犯・監視カメラシステムを検討してみてはいかがでしょうか。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口