倉庫や工場に防犯カメラを導入するメリットと設置のポイント

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

窃盗犯罪は、大きく個人的犯罪と集団犯罪の2種類に分かれます。自宅や店舗などで発生する窃盗などは個人的犯罪であるのに対して、倉庫や工場などで大きな商品を盗むのは集団で行っているのがほとんどです。

このように倉庫や工場などは、敷地も広く死角となる部分も多いため、内部・外部問わず窃盗や盗難が発生しやすいと言えます。いくら監視員を置くなどしても、人の力では、全てを監視して対処することは出来ません。そこで防犯カメラの設置が重要になってきました。

倉庫や工場が狙われる理由

倉庫や工場には、数多くの商品や高価な機器など、さまざまなモノが置いてあります。しかし店舗や自宅に比べ、防犯カメラの設置台数に対して、監視が行き届いているとは言えないのが現状です。常に出入り口が閉まっているわけではなく、従業員以外にも出入りする業者などが多いため、セキュリティの意識が甘くなっていることもあります。これは外部からの侵入・窃盗だけの対策ではありません。中で働く従業員や、出入りする人にとっても、盗みやすい場所と言えるのです。

また倉庫や工場の中には、警備会社のセキュリティーサービスに加入していないところも多く、カメラだけでは死角部分を狙われる可能性が非常に高くなっています。

さらに倉庫や工場は、住宅街や繁華街から離れている場所に建てられていることが多いため、深夜は人目につきにくいという、犯罪者にとって非常に好都合な立地条件でもあります。

メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

工場や倉庫に防犯カメラを導入するメリット

工場や倉庫において、犯罪を抑止する方法として、最も効率的で経済的な方法と言えるのが「防犯カメラの設置」です。倉庫や工場に防犯カメラを設置するメリットには、2つあります。

①内部の犯行や・外部からの侵入者を威嚇し抑止する

防犯カメラがあることで、見られている意識が高まり犯罪を抑止する効果が高まります。死角となりそうなところに、防犯カメラが設置してあれば、侵入を試みる外部犯も中に入れずに諦めます。さらに録画機能も付けておけば、誰もいない時の犯行であっても、証拠として残しておくことができます。

②安全管理の監督ができる

次に、防犯・監視カメラを設置することで、防犯対策だけでなく、倉庫や工場内における安全管理にも役立てることができます。働く従業員の作業内容や動きにおかしなところはないか、安全に動けているか、作業用機械の動作確認など、人の目で行き届かない部分もまとめてチェックすることができます。遠隔操作が可能なカメラを使えば、離れた場所にある作業現場などの様子もリアルタイムで確認でき、必要に応じて指示をすることも可能です。

また保管している商品の品質管理や在庫管理も、カメラを使って監視できます。

事務所から離れた倉庫・作業現場にネットワークカメラを設置する意外なメリット

倉庫・工場内の防犯カメラ設置ポイント

では倉庫や工場へ防犯・監視カメラを設置する際、どう設置するのが良いのでしょうか。倉庫や工場に、防犯・監視カメラを設置するうえでのポイントを3つご紹介します。

1.防犯カメラを目立たせる

犯罪を抑止するために設置する防犯・監視カメラは、隠しカメラなどと違い、その存在を知らしめる必要があります。そのためにも人目に付きやすい場所や目立つ場所に設置しましょう。設置するのであれば、倉庫や工場内への侵入経路、内部が監視出来る場所、裏口など死角となりうる場所などを抑えておけば、威嚇効果は高まり、犯罪抑止に繋げることができます。

2.屋外は夜間にも対応した専用カメラを

防犯・監視カメラの設置は、もちろん内部だけのものではありません。広い敷地を持つ倉庫や工場では、建物の外にも死角は非常に多いです。出入り口や侵入経路となる部分にカメラを設置する場合、雨やホコリなどに対応した屋外用のカメラを設置するようにしましょう。屋内用も設置できなくはないですが、すぐに壊れてしまったり、真っ暗にしか映らないこともあります。屋外用であれば、防雨・防塵機能や夜間監視のできるデイナイト機能などが付いているので安心です。

3.高解像度で広範囲を映す

自宅やオフィスなどに比べ、敷地が広い倉庫や工場では、どうしても被写体は小さくなってしまいます。そこで設置するカメラは、小さな被写体でもよく映る解像度の高いカメラがオススメです。首振り機能やズーム機能などが付いているものにすれば、さらに広い部分、細かい部分を監視することができます。

また工場や倉庫のように広い敷地に設置する場合、1台で広範囲を監視できる広角タイプのカメラを設置するのも一つの方法です。ただでさえ多くの荷物や機械で、見えない死角の多い場所になるため、広角カメラは非常に効果的といえます。

メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

まとめ

今回は、工場や倉庫などに防犯カメラを設置する際のポイントをご紹介しました。こうした場所にカメラを設置する場合、敷地の広さによっては何十台も設置する必要が出てくるため、費用面も気になるところ。実際に犯罪が起こってからの被害に比べると…とは思われるでしょうが、より効率的にカメラを配置して、少しでも費用を抑えていきたいですね。工事現場など、一時的な利用が多くなる場合にはレンタルなどの選択肢もありますよ。

そのほか、倉庫などで異常がないかを確認する用途であれば、PTZ機能などがあるタイプでズームアップして確認するのも一つの手です。さらに重機や作業機械など、高圧の電力で動く機械がある工場などでは、アナログケーブルのカメラは電位差によって映像にノイズが発生する場合もあるので、ネットワークカメラのほうが良いかもしれません。また粉塵が発生する場所ではレコーダーの寿命が短くなる場合もあるので、クラウド上に録画ができるサービスも検討してみてはいかがでしょうか。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口