防犯カメラ・監視カメラ用語集

防犯カメラや監視カメラの導入を考えている方に向けて専門用語の解説です。
ご自宅やオフィス、店舗などに防犯カメラ、監視カメラ、ネットワークカメラを導入する際にぶつかる疑問を解決するべく、「カメチョ」では専門用語を、分かりやすさを意識して解説いたしますので比較検討時の知識としてお役立てください。

終端抵抗

英語表記:Termination Resistor
読み:しゅうたん-ていこう

終端抵抗とは、電子機器の終端(始発点から流れる電流が最終的に行き着く電気回路の末端)での電気的反射が起こることを回避するために回路内に入れる抵抗のこと。防犯カメラにおいては、主にアナログカメラ/アナログハイビジョンカメラの接続ケーブルを選定する際にはこの終端抵抗の値を規定に合わせる必要がある。通常防犯カメラ・監視カメラで用いられる同軸ケーブルにはほとんどの場合75Ω(オーム)の抵抗(特性インピーダンスと表記される)が設定されている。
また、PTZカメラの制御ケーブルの接続(主にEIA-485/RS-485接続の場合)に際してこの終端抵抗を使用していない、または抵抗値が規定より大きい場合などにPTZなどの操作が出来ない場合がある。