ソフトバンクが開始する「シェア駐車場×IOTカメラ」のサービスとは?

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

ここ数年、人口の減少や若い人の車所有率が低下していることで、街中にある駐車場の空きスペースは増える一方です。その反面、都市部や観光地では駐車場が不足している状況が続いています。最近では、オフィスの空いた時間を一般に貸し出したり、空き家を活用したシェアサービスが増えていたりするように、駐車場でも同様のサービスが求められています。そのため、個人や企業が所有している空きスペースや、空き駐車場を有効活用するパーキングシェアへの期待は高まっています。

ソフトバンクグループが駐車場シェアリングサービスに参入!

2018年4月5日、ソフトバンクが夏に駐車場シェアサービスに参入することを発表しました。これはカメラやセンサーなどのIoTプラットフォームを活用して、個人や法人が持っていて空いている駐車場と、周辺で駐車場を利用したいドライバーをマッチングするサービスです。2018年夏ごろからの開始に向けて、現在ソフトバンクでは、駐車場やスペースの有効活用を検討中の企業やマンション管理組合、駐車場管理者などビジネスパートナーとなる方の募集を開始しています。

慢性的な駐車場不足の解決策として、ソフトバンクは空き駐車場や遊休スペースを気軽に貸し出しができるような仕組みを考えました。IoTプラットフォームの活用により、空き駐車場の検索や予約、決済までアプリやインターネット上でできる利便性も大きなポイントとなります。

参照:IoTを活用したパーキングシェアリング事業に参入

シェアリングサービスの仕組み

ソフトバンクが開始するシェアリングサービスは、大きく3つの特徴があります。

①事業者向けのサービス

安心して駐車場のシェアリングサービスの管理が出来るよう、カメラ付きセンサーと監視システムを組み合わせたソリューションを提供。従来の機器よりも高性能で安価に提供するため、初期投資を抑えたパーキング事業を開始することができ、自身の持っている土地の有効活用を可能にします。

また駐車場予約システムにより、稼働状況に合わせたメニューが設定でき、混雑時期などタイミングに合わせた効率的なサービス提供が行えます。駐車場監視システムには、カメラ付きセンサーで停めている車両番号などを認識することで、より安全な駐車場運営ができます。

②利用されていない空間の所有者向けサービス

今回のシェアリングサービスでは、利用者のいない空き駐車場や遊休スペースなどを有効利用が可能です。駐車場事業者と連携したシステムやIoTセンサーなど、シンプルな操作性と低価格なサービスを活用します。

③利用者向けのサービス

駐車場の利用者には、スマートフォンから近くの駐車場の検索や、空車状況の確認、予約、オンライン決済などのサービスを、アプリを使って無料で提供。駐車場を探して、近くをぐるぐる回る必要もありません。

“カギ”となるのは、モノのインターネット「IoT」

今回の駐車場シェアリングサービスの実現には、モノとインターネットを繋ぐ「IoT」が欠かせません。Airbnbなどの民泊サービスや、自転車のシェアサイクルサービスにおいても、インターネット回線を使ったシステムの設置は必要なため、通信会社であるソフトバンクの参入は当然のことと言えます。こうしてインターネット回線、IoTプラットフォームを活用することで、駐車場シェアサービスの実現を可能としました。

駐車場サービスの悩み

元々、空いたスペースを活用した駐車場サービス自体は、新しいものではありませんでした。実際に観光地などでは、パーキングの数が少ないため、近隣に住む方の駐車場や空きスペースが、駐車場として運営されていることも多いです。しかしこうした駐車場を活用して、シェアサービスを運営しようにも、ネックとなっていたのは駐車スペースの空き状況などを把握することが出来ないという点にありました。ここがクリアできないと、コインパーキングにはかないません。そこでソフトバンクは、インターネット回線を持つ通信会社としての力により、カメラセンサーなどと組み合わせたIoTシステムを構築、今回の駐車場シェアサービスの実現に至りました。

IoTカメラやセンサーでセキュリティレベルアップ

ただ空いている場所を駐車場スペースとして出すだけでは、悪意あるユーザーが勝手に駐車したり、お金も払わずに利用したりすることも考えられます。アプリで駐車場を検索し予約をしても、勝手に誰かが停めていれば、実際に駐車場へ行ったら停められないということも。いくらインターネットやアプリを使って、効率的に運営しようとしても、そういった迷惑駐車を防ぐための手段が少なく、フリップ板を設置するにも費用がかってしまう。

そこでソフトバンクの駐車場シェアサービスでは、カメラセンサーや磁気センサーを取り付けて、満車・空車の状況や駐車中の車の情報を収集することを考えました。さらにこれらの情報を元に、管理システムで予約状況などをユーザーに「見える」ようにします。アプリ上でオンライン決済もできるようになるため、駐車場には精算機などを設置する必要もなくなるので、導入費も安価に抑えることができます。

カメラセンサーが付いていることで、もし駐車している車が犯罪被害にあった場合や、迷惑駐車している車の情報も入試できるため、トラブルが起きても安心です。

まとめ

ソフトバンクが開始する駐車場シェアリングサービスは、画期的なサービスの開始と言えます。利用者の安心と安全を守るため「IoT」ツールを活かした運営が期待されます。駐車場システムのIoT化すれば、大きな都市部だけでなく、人通りの少ない場所・目立たない場所の駐車場にも活用できるのではないでしょうか。ネットワークと繋がったカメラやセンサーを通じて、遠隔地にいても状況が把握できるなど、ユーザーが安心して安全に利用できるようなシステムになっていくと思います。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口