無料相談する

夜間でも撮影できる防犯カメラの選び方

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[03-6632-1582](土日祝を除く9:00~18:00)

夜間には昼間に比べ、盗難や事故が多く発生する傾向にあります。
そのため屋外で防犯カメラを使用する場合には暗闇でも撮影できる防犯カメラが必要になるケースが多くあります。

最近の防犯カメラは夜間撮影が出来るナイトビジョンを搭載している機種がほとんどですが、ナイトビジョンの性能がすべて一緒だというわけではありません。

暗さに強いナイトビジョンもあれば、ほんの少しの明かりを必要とするナイトビジョンもあります。
夜間に起きるこそくな犯罪を確実に防犯カメラへおさめるために、間違いのない防犯カメラの選び方をまとめます。

夜間用の防犯カメラの種類


夜間の防犯カメラはおおきく分けて3種類あります。

カラーで撮影できる「高感度機能型(微光監視型)カメラ」
真っ暗闇でも撮影できる「赤外線暗視防犯カメラ」
ライトで照らす事により夜間での監視を可能にする「センサーライトカメラ」
の3種類です。

それぞれの仕組みと特徴を理解して、夜間でも撮影できる防犯カメラを選びましょう。

高感度機能型(微光監視型)カメラ

高感度機能型カメラとは、光の少ない暗い場所でも録画ができるようにカメラ本体のイメージセンサーやレンズの性能を高めた防犯カメラです。

周囲の光を細かく集める仕組みであるため、夜間でも鮮明なカラー動画での撮影を可能にします。

カラー映像により犯人の衣服の色や立ち去った自動車の色まで判別できるようになるので
犯人の特定に高い効果を発揮します。

豆電球程度の小さな明かりを必要とするため、真っ暗闇の環境での映像の撮影は苦手としています。
繊細な技術を必要とするため、高価な防犯カメラに搭載しています。

赤外線暗視防犯カメラ

赤外線暗視防犯カメラとは、真っ暗闇の中でも録画ができるように赤外線を映像に変換するカメラです。

赤外線とは人間の目で見える赤色の光よりも波長の長い光で、人の目では見る事のできない光です。

光の波長が長いことにより機械では感知がしやすくなり、街灯のない住宅街や山奥のように光の当たらない真っ暗闇での撮影を可能にします。

赤外線だけ単色で取り出すためモノクロでの撮影が基本ですが、カラーフィルターを通すことで色を付け足すカラー化の技術も進んでいます。

繊細な仕組みを必要としないため一般的な夜間の防犯カメラに搭載されている仕組みです。

人感センサーライトカメラ

人感センサーライトはライトの前を何者かが通過するとライトを点灯して侵入者を照らし出す装置です。

カメラ自体に夜間用の特殊な装置は使われていませんが、センサーライトが十分な光量で照らすことにより夜間での撮影を可能にします。

高感度カメラほどではありませんが、一般のカメラと同じくカラーでの撮影が可能です。

また、センサーライトで照らされる事を恐れて立ち去る犯罪者も多いので、防犯意識を目立たせてくれる防犯カメラです。

詳しい防犯カメラの紹介は下の記事にあるので、是非ご確認ください

暗視カメラとは?赤外線カメラとの違いや具体的な利用シーンを解説

タイプ別!夜間でも撮影できる防犯カメラの選び方

夜間でもカラーで撮影する事ができれば、犯人の衣服の色や逃げ去った自動車の色も把握する事ができるので防犯カメラとして高い性能を持ちます。

しかし、そもそも夜間での撮影を苦手としているカメラにとってカラーでの撮影は難しい技術で、カラーでの撮影が必ずしも夜間の防犯カメラに適しているという訳ではありません。
設置環境にあわせた適切な防犯カメラを選ぶようにしましょう。

明かりのある場所

このパターンでは、カラーの高感度機能型カメラがオススメです。
怪しい人物の衣服や自動車の色を判別できるカラーで撮影するには、高感度機能型カメラを使用します。
高感度機能型カメラで撮影するためには豆電球程度のわずかな明かりに照らされていなければなりません。

近くに街灯のように光源があれば夜間であっても鮮明なカラー映像で録画できます。
近くに街灯のない住宅街や山奥で真っ暗闇になる土地では、微量のライトで監視範囲を照射するサポートが必要になります。

赤外線暗視カメラでもカラーの技術は進んでいますが、モノクロの映像にカラーフィルターで加工するだけであるため鮮明な色彩までは映し出すことはできません。
鮮明なカラー映像で犯罪の瞬間をとらえるには、高感度機能型カメラを選んだ方がよいでしょう。

真っ暗闇の場所

このパターンではモノクロの赤外線暗視防犯カメラがオススメです。
近くに街灯もなく真っ暗闇での撮影になる場所では、赤外線暗視防犯カメラであれば怪しい人物の動きを確実に映像として残せます。

赤外線暗視防犯カメラではモノクロの映像になるので視覚情報は少なくなりますが、怪しい人物の顔や犯罪の瞬間をくっきりと鮮明に映し出す事ができます。

目では見ることのできない赤外線を使って映像を検知するため、真っ暗闇の山奥でもあっても真昼のように犯罪の瞬間を鮮明に映し出します。

真っ暗闇で遠くまで監視したい

このような場面では、赤外線投光器を使うことがオススメです。

赤外線投光器とは赤外線で周囲を照らし出す装置です。
赤外線の投光量をブーストする事で、赤外線暗視防犯カメラの画像鮮度を高めて鮮明なビデオを撮影できるようにします。

例えば
・玄関と駐車所をまとめて1台の防犯カメラで撮影したい
・怪しい人物が外壁の周囲をうろつく様子まで広範囲に撮影したい

という場合には赤外線投光器を使用して光量をブーストします。

赤外線は人に見える光ではないため、周辺の住宅を明かりで照らすこともないので苦情の心配もなく撮影感度を高められます。
ただし、虫は赤外線に集まってくる点には注意が必要です。

ナイトビジョンとは

ある程度の高価な防犯カメラには、さらに夜間に特化したナイトビジョンという機能をもっている機種があります。
ここではナイトビジョンのメリットや機能を紹介していきます

車のナンバープレートまで撮影

通常の防犯カメラでは夜間のナンバープレートを録画するのは困難です。
車のヘッドライトの光量が強いことから、ハレーションを起こしてヘッドライト付近は真白くつぶれてしまいます。
犯人のナンバープレートまで読み取るためには専用の防犯カメラを用意する必要があります。

デジタルノイズ除去

高感度機能型カメラでは、ISO感度(明るさ)を高めすぎる事でちりのようなぽつぽつとした点が現れることがあります。
くっきりとした明るさで撮影できていても、ノイズで犯行の瞬間が見えづらくなるのです。

デジタルノイズ除去の処理により映像が安定しやすくなるので犯行の瞬間をとらえやすくなります。

夜間対応の防犯カメラを選ぶ際の5つの注意点

夜間対応の防犯カメラは主に屋外に設置します。
屋外の環境に耐えることもできて夜間でも十分な撮影ができるカメラを選ぶためのポイントを紹介します。

防水・防塵性能はIP54以上

屋外に設置する防犯カメラは、台風のような大雨や強風に長時間さらされる事もあるため、防塵・防水対策の性能が必要です。
カメラ外装の接合部やコネクタの接続部も確認する事で防水・防塵対策しているものを選ぶのが確実でしょう。
IEC(国際電気標準会議)およびJIS(日本工業規格)により規格化されているので防水・防塵性能がIP54以上の性能を持つ機器であれば確実だと思います(最高はIP66)。

設置場所の明るさ

明かりを増幅する高感度機能型カメラでは、光源がなければ夜間のカメラとしては使えません。電灯や常夜灯のついている場所である事を確かめましょう。

新たにライトを設置する場合は近隣の住宅への配慮も考える必要があります。

赤外線の照射距離

一般的なナイトモードでの撮影距離は5m程度であり、遠くまで映像をくっきりと映せるわけではありません。
仕様書に照射距離が記載されていることも多いので、広いフロアの夜間撮影や山奥での広範囲の撮影には遠方まで撮影できる防犯カメラを購入しましょう。

画素数

一般的な防犯カメラであれば、100万画素程度の画素数があれば問題ないかと思います。

ただし、広い範囲を撮影したり怪しい人物の動きを拡大して確認したりするにはフルHDの防犯カメラがいいと思います。
ズームにして拡大して犯行の現場を確認するには、なるべく画素数が高い物を選ぶようにしましょう。

ネットワーク接続できるか

近年では技術が進んで防犯カメラもIoT化しています。
昔ではテープ交換やSDカードの交換が必要であった防犯カメラもネットワークに接続する事でネット上のクラウドに映像を保存する事ができ、スマートフォンで映像を確かめることもできます。

スマートフォンでの映像確認は絶対に必要な機能ではありませんが、映像をチェックしやすくなります。
セキュリティを高められるのでネットワーク接続できる防犯カメラが理想的だと思います。

まとめ

今回は夜間の暗闇の中でも撮影できる防犯カメラを紹介いたしました。
周りの光の強さや、撮影したい距離、使用用途により最適なカメラの種類は異なります。
そのため、この記事を参考にし最適なカメラを選んでいただけたらと思います。
もし夜間撮影できる防犯カメラの種類で迷った際には、下の問い合わせフォームから
お気軽にお問合せください!

弊社の防犯設備士の資格保有者がお客様に最適な機能をご提示いたします。

防犯カメラ無料相談窓口