防犯カメラに映ったおもしろ・衝撃映像まとめ

商店やビルのみならず、一般家庭にも防犯カメラが当たり前のように設置されている現代、私達が知らない間に起きた出来事が、偶然防犯カメラに記録されている場合もあります。そこで今回は、防犯カメラに映った衝撃的なシーン、面白いシーンを集めてみました。

ビックリ!思わず笑ってしまう衝撃映像

サイドブレーキを忘れずに!

玄関に設置された防犯カメラの前を、一台の宅配トラックが通過して行きます。隣の家の犬たちが走り回っているのに目が行きますが、しばらくすると通過した左側から再度トラックが出てきました。よく見ると、折り返したのではなく後ろ向きに動いています!坂の上で停車したものの、サイドブレーキを引き忘れたトラックは、ゆっくりと坂を下っていき、ドライバーも巻き込んで道の向こうまで落ちていってしまいました。みなさんもサイドブレーキの引き忘れにはご注意ください!

②騒ぎすぎにご注意を!

車の中で何やらご機嫌な男性。音楽に合わせてノリノリなダンスを披露しています。車の中は、誰も触れられない自分だけの空間なので、見られてると思わず色んなことをしてしまいがち。しかし、その後に起きるハプニングを、防犯カメラは見逃しませんでした。

歩伏前進する犬

Googleのセキュリティ製品群「Nest Secure(ネストセキュア)」が2017年に行われた防犯カメラ映像のコンテスト「Nesty Awards(ネスティ・アワード)」でベストダンス賞をうけた犬の動画です。ほふく前進をしながら部屋に入ってきて、カーペットの上でごろごろ跳ねまわる姿がとってもかわいいですよね。

※Nestについてはカメチョ内で詳しく解説していますので、気になる方はこちらの記事をどうぞ。

恐怖!驚愕!の衝撃映像

謎の飛行?物体

玄関先に設置された防犯カメラの前を、よく見ると鳥が歩いています!テクテク歩いて来たと思えば、カメラ目線で立ち止まって、飛び立ってしまいました。この映像は未だに原因が解明されず、インターネットでも物議を醸しだしているようです。

⑤壊される玄関

室内に設置された防犯カメラが、玄関ドアを破壊し侵入してくる窃盗団を映し出しています。家の中を物色したあと、最後にカメラは壊されるのですが、録画映像はクラウドで保存されていたため無事残すことが出来ました。

高速鉄道が脱線した瞬間

2013年7月24日にスペインで79人の死者を出した、凄惨な列車事故「サンティアゴ・デ・コンポステーラ列車脱線事故」の動画です。スペイン国鉄(RENFE)の路線に設置された定点カメラが、カーブを曲がりきれずに脱線する瞬間を捉えていました。この後スペイン高速鉄道とそこを走る列車は、列車がスピードを超過した場合、自動で速度が下がるよう改良されたそうです。

「落としましたよ?」

ATMを操作している人の背後から近づく男性に注目ください。素早い動作で、前の人のポケットから財布を盗む事に成功しています。しかし周囲を見回すと、そこには防犯カメラが!そこで犯人が取った行動とは?続きは動画をご覧ください。

⑧驚きの来客

こちらも「Nesty Awards(ネスティ・アワード)」2017年のベストサポートディア賞を受賞した動画です。玄関に設置されたNestカムが、暗闇を映し出しています。夜間映像を明るくすると、そこにはなんとライオンが鹿を捕獲して持ち去る映像が残っています。泥棒どころの騒ぎじゃありませんね!

まとめ

防犯カメラが映し出す映像は、今回の動画のように普段見ることのないシーンも映し出します。みなさんの防犯カメラ映像に残った、普段家にいない時間に見せるペットや子どもたちの行動を再生してみてはいかがでしょうか。

防犯カメラの本来の目的は、事件や事故があった瞬間の大事な証拠映像を記録するための機材ではありますが、今回ご紹介したように、思ってもみない映像が取れてしまうこともあります。もしかするとみなさんの自宅に取り付けているカメラにも、ビックリするような映像が映っているかもしれませんね。