無料相談する

神社・寺院・仏閣の防犯対策7選!起こりうる犯罪を予測して防ぎましょう

人の往来が多い寺社仏閣。

受け入れ側の寺社仏閣が抱える問題は、高齢化と人口減少の影響で神社の担い手が不足している点です。
人手が足りない寺社仏閣では、特に人による管理が難しく防犯対策を行っていく必要があるでしょう。

本記事では、神社・寺院・仏閣で起こりうる犯罪や、人材不足であってもできる防犯対策について解説します。

神社やお寺で起こりうる犯罪

近年、お寺や神社では防犯対策が難しくなりつつあります。
前述の通り、高齢化と人口減少の影響で人手不足となり、お寺や神社での管理が難しくなったためです。

昔は地域の集会所も兼ねるなどして維持されてきましたが、近年はコミュニティとしての機能が弱くなりました。
高齢化と人口減少で管理の目が届きにくくなり、犯罪の温床ともなっています。

警察庁が発表した令和元年の「罪種別 発生場所別 認知件数」によると、神社仏閣に起ける刑法犯の認知件数は6,264件でした。

犯罪の種類としては、
・賽銭泥棒
・不審者の出入り
・仏像の盗難
などが挙げられます。

賽銭泥棒

お賽銭箱は無防備に置かれていることも多いため、窃盗の標的になりやすく、賽銭泥棒が発生しています。
令和元年の寺社仏閣における窃盗犯の認知数は、5,560件でした。

神社やお寺は不特定多数の人が出入りするため、境内に人が入っても不審者と一般の方を見分けることは困難です。

台座を固定していてもお賽銭箱を破壊されたり、中の現金をこまめに抜き出すといった手口を使われることもあります。

社務所・寺務所荒らし

神社やお寺では現金を金庫で管理していることが多く、社務所や寺務所が空き巣被害にあうこともあります。
令和元年の寺社仏閣における侵入犯の認知数は、1,694件でした。

侵入窃盗の被害に遭いやすい立地には特徴があります。
・休日や夜間に無人になる場所
・休日など特定の日は人通りが少なくなる場所
・夜間に人通りが少なくなる場所 など

不審者の出入り

不特定多数の人が出入りができる神社やお寺は、不審者に気づきにくいものです。
特に夜間は暗闇で見えにくく、外灯で一帯を照らさない限り、気づくことは難しいでしょう。

一般の施設のように24時間警備員がいないことも一因となっています。

不審者が出入りすることで、犯罪が発生する可能性が高まり、スタッフや一般の参拝者に危険が及ぶこともあるため対策が必要です。

いたずらや落書き、破壊行為

管理する人が少ないと、いたずらや破壊行為が発生することも。
「むしゃくしゃした」「酔っていた」などの理由で突発的に破壊行為に走る人もいます。
令和元年の寺社仏閣における器物破損の認知数は、337件でした。

また、モラルに欠ける観光客が文化財に落書きすることもあります。
特に近年では、外国人観光客の増加により、落書き事件がニュースで取り上げられることも増えています。

放火

令和元年の寺社仏閣における放火の認知数は、8件でした。

神社やお寺は木造家屋が多いため、放火犯の標的になりやすいです。
特に出火が多い場所は、本堂や本殿周辺です。

また、宗教施設である神社やお寺は、宗教的・政治的な理由で特定の団体の標的にされるケースもあります。
例えば、平成27年11月23日には靖国神社での放火未遂事件がありました。

仏像などの盗難

古美術美品市場において宗教美術は、人気のあるジャンルです。
特に仏像は根強い人気があるため、転売目的での仏像の窃盗が発生することもあります。

2010年には、和歌山県で連続60件、仏像172体を含む文化財の盗難事件が発生しました。
犯人は大量の文化財を古物商に持ち込み、転売を行っていました。

最近はオークションサイトの利用が一般的になり、文化財の転売がしやすくなっていることも要因でしょう。

神社やお寺がすべき防犯対策7つ


神社やお寺は昼夜にかかわらず不特定多数の人が参拝に訪れるため、防犯にさまざまな課題があることをお伝えしました。

続いて、神社やお寺ができる7つの防犯対策について解説します。

防犯カメラの設置

防犯カメラは、無人の時間帯や目が行き届かない場所でも監視することができます。
境内や鳥居、駐車場など、目が届きにくい場所に設置することで防犯につながるでしょう。

最近の防犯カメラは、暗闇であっても赤外線で犯人の容姿を確認できたり、遠方からスマホやタブレットで映像を確認することができます。
現行犯で犯人を捕まえられなくとも、映像の記録から逮捕につながる手がかりを得られる可能性が高いです。

特に、次のような場所に設置することをおすすめします。

①お寺・神社の入り口
入り口に設置することで、境内への人の行き来をすべて監視できます。

②境内
境内全体が撮影できるように何箇所かに設置するとよいでしょう。
境内の様子や人々の行動を把握することができます。

③賽銭箱の上
賽銭箱の上に設置することで、前後から見ないとわからない不審な動きを記録できます。

④社務所・寺務所
社務所や寺務所内に夜間の侵入がなかったか、不審者の出入りはないかを確認するために設置しましょう。

合わせて、防犯カメラの設置について貼り紙をしておくと、犯罪抑止効果をもたらします。
「防犯カメラ作動中」「特別警戒中」といった文言が書かれたシールやステッカーを、目立つ場所に貼っておくことをおすすめします。
お寺・神社の景観を壊さない程度に、色合いなどを選ぶと良いでしょう。

センサーライトや警報ベルの設置

人の動きに反応するセンサーライトや警報ベルを設置しましょう。

センサーライトとは、人の動きや体温を検知して光る照明で、センサーの範囲に人を検知すると自動でライトが光ります。
ライトで人の姿が目立つ&不審者も驚くため、高い防犯効果が期待できるでしょう。
また、ライト1つに対して防犯カメラを1台設置したり、赤外線対応のカメラを導入することで夜間でも人の姿を記録できます。

また、社務所や寺務所の中など参拝者が入らない場所には、管理人不在時に侵入センサーやサイレン・ベルを設置・作動させておくことをおすすめします。
万が一、社務所や寺務所に空き巣が入ったとしても、センサーやサイレンがあれば、早く発見でき被害を最小限に抑えることができます。
犯行を諦めさせることもできるでしょう。

炎感知器や消化設備の設置

火災・放火の対策に炎感知器や火災センサーなどを設置しましょう。
神社やお寺は木造家屋のため、出火した場合は被害が大きくなりやすいです。

また万が一出火した場合、すぐに消化できるよう消化設備の設置もしておきましょう。

文化財の管理・保存

文化財は盗難される恐れがあるため、管理・保存を徹底しましょう。

・保管場所の施錠
・保管状況の確認
・文化財の種類と数のチェック
・定期的な見回り など

また文化財をどのように保管しているか定期的に確認しましょう。

入金機の導入など現金の管理

入金機とは、硬貨や紙幣などを入金するための機械です。
ATMを入金専用にしたものと思えばわかりやすいでしょう。

入金機を導入することで、現金の盗難を未然に防ぐことができます。

また、警備会社と連携したサービスを活用することで、保険が適応されます。
万が一入金機ごと持ち去られる盗難が発生した場合でも、警備会社の盗難保険が適応されるため、現金の被害を抑えることが可能です。

さらに、入金機は一度入金すると現金の取り出しができないため、内部犯による盗難も防止することもできます。

夜間の巡回強化

夜間無人のままだと人の出入りや不審な行動などを確認できず、犯罪にあう可能性が高いです。
夜間の巡回を一度検討しましょう。

夜間の巡回強化には以下の方法があります。
・警備会社に依頼する
・警備のアルバイトを雇う
・交代制で巡回する
・地域の人と協力して巡回する
・宿直する など

神社・お寺への防犯カメラ導入のご相談はカメチョまで

今回は、神社・お寺で起こりうる犯罪とその対策について解説しました。

賽銭泥棒や不審者の出入り、仏像の盗難の盗難など神社・お寺特有の犯罪があります。
神社やお寺では夜間の無住や過疎化で管理が手薄になることもあり、防犯設備を導入することが重要です。

特に防犯カメラの設置は、防犯とともに施設全体の管理に役立つため、導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口