無料相談する

飲食店の方必見!監視カメラの防犯以外の活用法とは?オススメ商品も紹介

こんにちは、カメチョ編集部です。
警視庁が発表した「平成30年中の侵入窃盗の傾向 警視庁」によると、飲食店では1年間で149件の侵入窃盗被害が発生しています。

ファーストフードや居酒屋などの飲食店が窃盗犯に狙われる主な原因として、

  • レジや金庫で現金を保管している
  • 定休日や閉店後は無人になる
  • ビルの地下や1階に店舗が多い
  • 深夜営業中は従業員数が減る

 

などが挙げられます。
特に人通りが少ない深夜の時間帯は犯行が起こりやすく、犯罪抑止効果が高い防犯カメラの設置が必要不可欠です。

今回は、飲食店で防犯・監視カメラを設置する時の注意点やおすすめ商品を紹介します。

飲食店における防犯カメラの活用方法とは?

飲食店での防犯カメラ活用方法は下記の通りです。

  • 窃盗や盗難被害の防止
  • 利用客と従業員の金銭授受トラブル
  • スタッフ教育・衛生管理
  • 店内の混雑状況の確認

 

防犯カメラの設置により、遠隔地から店舗の様子を確認でき、トラブル発生時も適切な対処ができるようになります。
防犯カメラを設置する際の注意点に関しては、下記の記事で詳しく紹介しています。

【関連】

防犯対策

飲食店経営者が抱える代表的な悩みといえば、売上金の管理方法です。
飲食店によって異なりますが、一般的に1日の売上金は指紋認証付きの厳重な金庫に鍵をかけて保管され、翌日出勤する従業員が銀行ATMに入金します。
レジでも管理できますが、誰でも簡単に鍵を開けることができ、侵入者だけではなく従業員に現金を盗まれてしまうリスクもあります。

このように防犯対策として、防犯カメラを活用している飲食店が多いです。

また近年は、セルフ会計システムを導入する店舗が増え、クレジットカードやモバイル決済など支払い方法が多様化しています。
お会計ミスが原因で金庫のお金と売上金が合わないなどの問題が発生した場合、レジの真上に防犯カメラを設置すれば、再発防止に役立ちます。

クレーム対応

利用客からのクレームによって、利用客が激減する可能性があります。

飲食店で多いクレームは、以下のような従業員の接客態度や料理の品質についてがほとんどです。

  • 料理の中に髪の毛や虫などの異物が混入している
  • 待ち時間が長い、案内があやふやでわかりづらい
  • 料理の提供が遅い
  • 従業員が無愛想、対応が悪い

 

対応次第では、サービス向上や顧客満足度が向上する場合があります。
レジや厨房周りに防犯カメラを設置すれば、現場で発生した事実を管理側が確認でき、クレーム対策にも役立ちます。

ただし、防犯カメラが「プライバシーの侵害」としてクレームに繋がることも十分に考えられることから、設置場所や運用方法には配慮が必要です。

スタッフ管理・衛生管理

チーフやエリアマネージャーといった役職に就くと、出張やMTGなどで担当地域の店舗を回る機会が増えます。
複数店舗を運営しているチェーン店では、入店案内やメニューの提供方法などに微妙なバラつきが生じることもあります。

店舗内に防犯カメラを設置すれば、スマホやタブレット端末などから各店舗で働く従業員の様子をリアルタイムで確認可能です。

  • 調理しながら私語をしていないか
  • スタッフの勤務態度によるトラブルが発生していないか
  • 帽子や手袋、マスクの着用を徹底しているか
  • 使用器具の洗浄や厨房の清掃状況はどうなっているか
  • 食材が調理台の上に出しっぱなしになっていないか

 

上記のような店舗確認を、臨店を行わずとも防犯カメラを通して行えるようになることで、スタッフ教育の工数を削減することができます。
また、店舗全体で衛生管理の意識が高まります。

状況把握

防犯カメラは、店内の混み具合やお金管理、従業員が休憩を取れているかなど、監視目的だけではなく現場の状況把握にも活用できます。

飲食店は土日祝日、夏休みといった連休中が一番の書き入れ時です。
防犯カメラで映像を確認しながら混雑状況を判断し、下記のような店舗へのフォローもスムーズに行うことができます。

  • 別の店舗から応援を呼ぶ
  • 不足しそうな備品を調達する
  • 空いた時間は店頭でビラ配りを行う
  • 早めに休憩を回してピーク帯に備えるよう社員に指示を出す

 

曜日や時間帯ごとの店内の混み具合を把握することで、適切な人員配置を行えるようになり、サービスの向上や利益アップのきっかけにもつがなります。

飲食店に防犯カメラを導入するメリット

飲食店で防犯カメラを導入するメリットとして、以下のような効果が挙げられます。

  • 窃盗被害の防止・証拠の保存
  • 従業員の業務効率改善
  • 店舗全体のサービス向上
  • 衛生管理の徹底

 

特に、全国展開している飲食チェーンの場合、全店に防犯カメラを設置すれば、店舗回りの手間が省けて業務効率改善アップに役立ちます。
営業中は、スタッフ教育やオペレーションの徹底、営業後はセキュリティ対策として、まさに一石二鳥の使い方が可能です。

また、防犯カメラの映像を残しておけば、クレームがあった際も事実確認ができ、動かぬ証拠として従業員を守ることもできます。

カメチョが選ぶ!飲食店の方にオススメ防犯カメラ2選

最後に、カメチョ編集部がおすすめする防犯カメラを厳選して紹介します。飲食店経営者の方はチェックしてみてください。

WCP-06|カメチョ


出典:カメチョ
商品詳細はこちら

カメチョは多くのクラウド型カメラを販売し、安全性の高さに定評があります。
飲食店で導入するなら、天井や壁に取り付けられるネットワークカメラ「WCP-06」がぴったりです。

総重量180gと超軽量なコンパクトサイズで目立ちにくく、利用客に圧迫感や威圧感を与える心配がありません。
強固なセキュリティ機能を搭載し、個人情報を守りながら安全にデータ管理を行えます。

また、同製品は録画映像をYouTube配信することも可能です。
各店舗の状況を、エリアマネージャーや他店舗の店長などに限定公開で共有できます。
オープン直後やランチタイム後など、空いている時間帯を一般ユーザーに公開することで、新規顧客の獲得やリピート率アップも見込めます。

YouTube配信の活用事例については、下記の記事をチェックしてみてください。

【関連】

IP-5022W-i7SD5|NSK


出典:株式会社NSK
商品詳細はこちら

「IP-5022W-i7SD5」は、防犯カメラの製造・開発を手掛ける株式会社NSKの人気商品です。
特筆すべきは、本体に音声マイクが内蔵されており、映像と音声を記録できる点。

従業員同士や利用客との会話をきれいに録音できます。
そのため、クレームが起きた時は映像と声の両方で事実確認ができます。

飲食店にもぜひ防犯カメラの導入を

今回は、飲食店で防犯カメラを導入するメリットや活用方法などを紹介しました。
防犯カメラを導入することで、ただ単に窃盗被害からお店を守るだけでなく、

飲食店における防犯カメラ設置の重要性
    • スタッフ教育
    • 品質管理の徹底
    • 店内の状況確認

 

といった管理を遠隔からでも行えます。

店舗を一軒一軒まわって現場管理を行う手間と時間を、経営戦略や企画考案といった価値あるタスクに回せる点も防犯カメラを導入するメリットだといえるでしょう。

店舗への防犯カメラ導入をご検討中の飲食店ご担当者様は、ぜひカメチョまでご連絡ください。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口