無料相談する

NVRとは?仕組みやメリット、DVR・VMSとの違いを解説

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[03-6632-1582](土日祝を除く9:00~18:00)

NVRとは、「Network Video Recorder(ネットワーク・ビデオ・レコーダー)」の略称で、ネットワークカメラの記録映像を録画する機器のことです。

通常の録画ソフトやサーバーと違ってNVRはさまざまな面で勝っており、最近の監視カメラシステムの基本構成として定着しています。

本記事では、そんなNVRの仕組みやメリット・デメリット、DVRやVMSとの違いなどを解説します。

NVRとはどんなものなのか詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

NVRとは

NVRとは、デジタル方式の防犯カメラや監視カメラが記録した映像を録画する機器のことです。「Network Video Recorder(ネットワーク・ビデオ・レコーダー)」の略称で、さまざまな企業が取り入れています。

現在ではNVRを導入する企業が増加しており、防犯カメラもアナログからデジタルの時代へ移りつつあります。

NVRは、防犯カメラ・監視カメラシステムの基本構成となっているといえるでしょう。

NVRの仕組み

NVRは、いわば「防犯・監視カメラ対応の録画専用レコーダー」です。

NVRを使用するネットワークカメラの本体には、録画機能が備わっていません。そのため、映像のモニタリングだけならできますが、映像を録画するときは外部機器が必要です。その外部機器の1つが、NVR。

NVRには、機器内に映像を保存する記憶媒体「HDD(ハードディスク)」が入っています。そのHDDにネットワークカメラが記録した映像を、IPネットワークやLANケーブルを経由して保存される仕組みです。

NVRとDVRの違い

NVRとDVRの違いは、「どのようにして記録媒体へ保存しているか」です。

そもそもDVRとは、「Digital Video Recorder(デジタル・ビデオ・レコーダー)」の略称で、アナログカメラが記録した映像を保存する機器のことを指します。

DVRはケーブル経由で映像を保存するのに対して、NVRはLANケーブル経由です。LANケーブル経由で保存できるようになったことで、配線が簡単になったり、映像画質が鮮明になったりと、さまざまなメリットがあります。

NVRとVMSの違い

NVRとVMSは、言葉の意味が異なります。

  • NVR・・・ネットワーク経由で防犯カメラの映像を記録できる機器
  • VMS・・・NVRのシステムそのもの

つまり、「NVRはモノとして、VMSはシステムを利用できるパソコン接続するサービスとして使用する」ということです。仕組み的には、NVRもVMSも違いはありません。

NVRのメリット

NVRを導入するメリットは、主に以下の4つです。

  • 購入後すぐに使える
  • 24時間いつでもどこでも監視できる
  • 録画したデータを守れる
  • あらゆる用途に使える

では、順に見ていきましょう。

メリット1.購入後すぐに使える

NVRは、基本的に必要なソフトや機器がすでに入っています。また、映像の閲覧に必要なこともすでに設定済みで、購入した後にすぐ利用できます。

初めての機器を利用する場合、何をどうすればいいか分からないことが多いでしょう。しかし、NVRであれば使用するまでの設定が全て終わっているため、安心して利用できます。

NVRや防犯カメラを追加する際も、非常に簡単です。

メリット2.24時間いつでもどこでも監視できる

インターネットを経由して映像を録画しているNVRでは、遠隔地から映像を管理できます。

ブラウザや専用のアプリを使用することで、遠隔操作で映像の保存ができることはもちろん、リアルタイムのモニタリングや映像の検索なども可能です。

また、監視できる場所も限定されません。
1台で数百台ものネットワークカメラと接続でき、さまざまな場所の映像を確認できます。

気になったときに防犯カメラの映像をいつでもどこでも管理・監視できるのは、利用者にとってうれしいメリットでしょう。

メリット3.録画したデータを守れる

NVRは、録画したデータを安心安全に守れるところもメリットの1つです。

NVRの仕様上、ネットワークカメラとNVRは別々となっています。そのため、仮に防犯カメラを盗難をされたり、破壊されたりしても映像データは消えません。

もしものことがあったとしても、NVRであれば「せっかくの映像データがない」といった最悪の事態を免れられます

また、RAID構成になっているNVRもあり、より安全にデータを守りつつ、高いパフォーマンスを発揮します。

RAID構成とは、複数のHDDを1つのドライブだと認識させる技術のこと。故障した際もデータ復旧が容易であり、書き込み速度が高速になります。

メリット4.あらゆる用途に使える

NVRは現在、あらゆる用途で使用されています。
具体的には、「セキュリティ目的」と「モニタリング目的」の2つです。

セキュリティ目的は、オフィス内の防犯や工場内・建築現場の監視などが挙げられます。NVRの利用目的として多いのが、セキュリティ目的です。

一方で、モニタリング目的でも利用されています。
例えば、マーケティング施策のデータ収集や接客レベルの向上などです。

このようなあらゆる用途で防犯カメラを使用したいときも、NVRは問題なく使用できます。

ただし、全てのNVRがこれらの用途に対応しているわけではない点に注意しましょう。

NVRを導入する際の注意点

NVRを導入する際は、以下の2つに注意しておきましょう。

  • 使用量によっては維持コストが高くなる
  • 情報漏えいの危険性がある

使用量によっては維持コストが高くなる

NVRは、ハードディスクやソフトウェアなどが全て備わっているため、従来のものより導入コストは抑えられます。ただ、使用する量や追加システムなどが増えていくと、その分、維持費や更新費が高くなりやすいです。

NVRの価格は、安くても3万円前後します。高いものになると、数十万円かかることも。

NVRのストレージ容量やネットワークカメラの台数によっては、維持費が高くなります。

規模感の小さい場所に導入する際は、そこまでコストはかからないでしょう。しかし、工場内の監視といった大規模な場所への導入を検討している場合、故障したときの修理費などが高くなります。

情報漏えいの危険性がある

NVRは、インターネットを経由して映像を管理する機器です。
そのため、サイバー犯罪者にハッキングされて情報漏えいする危険性が少なからずあります。

ハッキングを防ぐためにセキュリティソフトを実行しているものの、更新しないとセキュリティが弱まります。

実際、NVRやネットワークカメラがハッキングされて、さまざまなサービスに攻撃した事例があり、セキュリティの弱さを疑われました。

現在では、多くのNVRがセキュリティソフトを自動更新したりエンドツーエンド暗号化を実装していたりと、セキュリティが強固になっています。

NVRに関するよくある質問

ここでは、NVRに関するよくある質問とその回答を紹介しています。

ネットワークカメラとNVRが別々な理由は?

ネットワークカメラとNVRが別々な理由は、そもそも録画機能が備わっていないネットワークカメラが多いためです。

SDカードを内蔵できる録画機能付き防犯カメラであれば、NVRを使わずとも録画できます。ただ、災害や事故があった際に録画データを守れず、容量も少なく長時間録画に向いていません。

その点、NVRは万が一があっても録画データを安心安全に守りつつ、長時間録画にも対応できます。

パソコンやサーバーに直接保存しない理由は?

ネットワークカメラで記録した映像は、パソコンやサーバーを使っても保存できます。

しかし、パソコンはアップデートや設定が原因で自動的に再起動したり、スリーブモードに入ったりするため、24時間の使用には向いていません。サーバーも、膨大な映像を保存する際にハイスペックなサーバーが複数台も必要で、コストが高くなるでしょう。

その点、NVRは24時間の録画や膨大な映像の保存も簡単にできます。

つまり、パソコンやサーバーに直接保存できるものの、様々なメリットがあるNVRを使うことがおすすめです

NVRでネットワークカメラの映像を管理しよう

今回は、NVRの仕組みやメリット・デメリット、DVRやVMSとの違いなどを解説しました。

NVRは、ネットワークカメラが記録した映像を、LANケーブルの経由で保存する機器のことです。長時間録画できたり安心安全に録画データを守れたりと、さまざまなメリットがあります。

現在では、防犯の目的以外にモニタリング目的で、使用されています。

工場内や建築現場の監視といった、あらゆる場所を長時間録画しつつ、一括管理したい場合はNVRの導入を検討してみてください。

カメチョでは、NVRやIP監視カメラの販売を行っています。NVRに関するご相談も無料で承っているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。