H.264の2倍の圧縮率!?H.265に対応した監視カメラ向けNVRを一挙紹介

映像データの圧縮

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

こんにちは、カメチョ編集部です。今回はネットワークカメラにおける動画データの圧縮技術に関してのお話です。昨今のブロードバンド環境の普及と映像処理チップの機能の向上によって、監視カメラ市場においては1080p(フルHD)やその4倍の解像度を誇る4K画質のカメラが登場し、記録する映像データの量も膨大になっています。確かにハードディスクの容量あたりの価格は加工していますが、映像データの膨張と比べるとあまりに心もとないですよね。という訳で、現在販売されているH.265という最新のコーデックに対応したレコーダーをご紹介したいと思います。

H.265(HEVC)のメリットについて

H.265(HEVC)とはH.264(MPEG-4 AVC)の後継規格のコーデック(映像を圧縮する方法)であり、従来のH.264(AVC)の約半分のビットレートで同等画質を実現できるとされる規格で、 8Kなどの超高解像度映像やモバイル端末向けのストリーミング配信時の帯域削減や高解像度監視カメラのデータをより効率よく伝送・保存する用途で利用される規格です。規格の策定自体は2013年だったのですが、映像の圧縮(エンコード、高効率符号化ともいう)および解凍(デコード、復号化ともいう)時に高い処理能力が必要とされるために(特に防犯カメラ・監視カメラ関連機器においては)普及がそこまで進んでいません。H.265製品を製造するメーカーの喧伝を鵜呑みにすると、同一画質の映像をH.264比で約50%~60%のデータ量で圧縮できる高効率のコーデックということになっています。Youtubeなどに実装されればスマホで動画を見てもデータ通信量は半分ですむので是非実装してほしいところですが、残念ながらほとんどのスマートフォンにはこのコーデックに対応していません(残念ながら)。

と、ここまででH.265の特徴とメリット・デメリットに関しては理解していただけたと思いますので、実際にH.265に対応したレコーダーをご紹介したいと思います。ちなみに、H.265に対応したレコーダーはH.264対応のカメラに対応していることがほとんどですので、試験的に導入するなども可能だと思われます。

グラスフィアジャパンの「H.265(HEVC)対応NVRシリーズ」

H.265対応のNVRを製造する国内メーカーグラスフィアジャパン

グラスフィアジャパンは、「高画質監視カメラシステム」や「360度(パノラマ)カメラシステム」、「長距離無線LAN接続が可能になるネットワークエクステンダーなど高品質な製品を製造しているメーカーです。特徴としては、官公庁や学校などにも納入実績のある独自にカスタマイズが可能な組み込み機器を提供しているものの、価格は比較的安価という良心的なメーカーでもあります。レコーダー製品群も旧来のアナログ対応のモデルだけでなく、アナログハイビジョンとアナログの同時接続可能モデル、アナログ/ネットワークカメラ同時接続可能なハイブリッドモデル、ネットワークカメラ専用カメラなど幅広く製造しています。もちろん、主要カメラメーカーの製品に対応(マルチベンダー対応)しているのでシステム構成の互換性も高いという特徴もあります。そのグラスフィアジャパンが販売するH.265対応のレコーダーシリーズは導入システムの規模(カメラの台数)別に3種類あります。

「H.265(HEVC)対応シリーズNVR」製品詳細

GJ-NV7608-I2 (8ch、2SATAタイプ、(4Kカメラ対応、H.265/H.264/MPEG4対応))

製品名:8ch ネットワークビデオレコーダー (4Kカメラ対応、H.265/H.264/MPEG4対応)
型式:GJ-NV7608-I2 (8ch、2SATAタイプ)

 

GJ-NV7716-I4/GJ-NV7732-I4 (16ch/32ch、4SATAタイプ、4Kカメラ対応、H.265/H.264/MPEG4対)

製品名:16/32ch ネットワークビデオレコーダー (4Kカメラ対応、H.265/H.264/MPEG4対応)
型式:GJ-NV7716-I4/GJ-NV7732-I4 (16ch/32ch、4SATAタイプ)

 

GJ-NV9632-I832ch/64ch、8SATAタイプ、ホットスワップ・RAID対応)

製品名:32/64ch RAIDネットワークビデオレコーダー (4Kカメラ対応、H.265/H.264/MPEG4対応)
型式:GJ-NV9632-I8/GJ-NV9664-I8 (32ch/64ch、8SATAタイプ、ホットスワップ・RAID対応)

※全てONVIFに対応しているので、マルチベンダー対応で他社メーカーのカメラに対応出来ます

GeoVision(ジオビジョン)の「GV-SNVR0411」

GeoVision

株式会社GeoVision(ジオビジョン)は台湾の大手監視カメラシステムメーカーであるGeoCision Inc.の日本法人として設立された会社です。WindowsPCベースの映像監視システム「GV Surveillance System」という世界的に評価を受けているパッケージ製品を主に提供しています。そのGeoVisionが提供する日本国内向けH.265対応レコーダーが「GV-SNVR0411」です。接続可能チャンネル数(カメラ台数)は4台と少ないものの、4ポートのLAN端子を搭載し、プラグアンドプレイで直接カメラを接続できる手軽さが売りです。ただし、最新のONVIF規格には対応していないようなので、同一メーカーでの利用が推奨されているようです。

「GV-SNVR0411」製品詳細

GV-SNVR0411

  • H.265に対応(H.264の利用も可能)
  • 4ch対応NVR
  • 4ポートのLAN端子を搭載し直接IPカメラを接続可能
  • PoE(Power over Ethernet)対応カメラは電源不要で利用可能
  • GeoVisionのIPカメラの利用可能(推奨)
  • 最大録画解像度: 3840 x 2160 px
  • 4K解像度(3840 x 2160 px)のモニタ出力に対応(HDMI端子)
  • 2TB HDD搭載 (最大8TBにカスタマイズ可)
  • USBマウスによる操作に対応

VIVOTEK(ビボテック)の「ND9441/ND9541」

VIVOTEK

こちらも海外メーカーの製品ですが、国内に代理店がありますのでご紹介します。VIVOTEKは台湾のセキュリティカメラメーカーであり、設立は2000年と新しいメーカーですが、「VIVOTEK iViewer」などの独自のモニタリング/管理ソフトや圧縮技術を開発し、急成長したメーカーです。日本での販売は株式会社フォースメディアおよび株式会社システム・ケイなどが行っています(ただし、システム・ケイは自社のレコーダーを売り込んでくるのでVIVOTEKのレコーダーは取り扱って無い可能性もあります)。

「ND9441/ND9541」製品詳細

VIVOTEK(ビボテック)の「ND9441/ND9541」

  • H.265に対応(H.264の利用も可能)
  • デコード性能:1920×1080px解像度で120fps(4台接続なら1台あたり30fpsでの記録が可能)
  • 最大32台(ND9541は16台)での録画が可能
  • 最大HDD容量32TB(8TB×4)
  • 最大録画解像度: 2560×1920px
  • HDDのRAIDは無し
  • 出力端子:不明

 

Milesight(マイルサイト)の「4K H.265 NVRシリーズ」

こちらも海外メーカーの製品です。Milesightは中国のメーカーで、主に監視カメラやレコーダーの技術開発及び設計を行っている会社で工場は持っていない会社なのですが、ユニークな製品を製造するメーカーですので最後にご紹介したいと思います。ほとんど知られていませんが、実は国内のセキュリティ関連商品を販売する株式会社LISWAY(リズウェイ)が自社ブランドとしてこのMilesightのH.265対応ネットワークレコーダーをOEM販売しています。特に、「4K H.265 Mini NVR」はカラーバリエーションも3色展開で一見するだけではネットワークカメラ用のレコーダーだと判別するのが難しい形状をしています。しかし9チャンネルのフルHD録画に対応しており、しかも価格は実売価格で7万円ほどという圧倒的な低価格でH.265規格に対応できます。

製品特徴

4K H.265 Mini NVR

Milesight-mini-NVR

4K H.265 Pro NVR 5000
小規模向け、最大16ch、録画最大帯域160Mbps、最大12TB、16/32チャンネル対応

MilesightのNVR5000

4K H.265 Pro NVR 7000
中規模向け、最大32ch、録画最大帯域320Mbps、最大24TBのHDD、RAID5/RAID10での冗長化に対応MilesightのNVR7000

4K H.265 Pro NVR 8000
大規模向け、最大64ch、録画最大帯域320Mbps、最大48TBのHDD、32/62チャンネル対応、RAID5/RAID10での冗長化に対応MilesightのNVR8000

 

まとめ

デジタル方式のネットワークカメラが一般に普及し始めたのは2000年代後半ごろからですが、H.264(MPEG-4 AVC)の仕様は2003年に策定され、既にH.264のコーデックは普及していました。H.264は確かに旧来のデジタル式防犯カメラで利用されていた「モーションJPEG」などと比べると映像の処理負荷は高いものの、圧倒的に圧縮効率の良い規格だったために業界のデフォルトとして現在までほぼ全てのネットワークカメラに利用されているわけですが、ここにきてやっとH.265に対応するレコーダーが登場しつつあります。このサイトで何度かご説明している「ONVIF規格」も2015年に発表された「バージョン2.6.1」でH.265コーデックを正式にサポート開始(※)したこともあり、ますますの普及が見込まれます。筆者個人的には防犯カメラ・監視カメラ関連のセキュリティ業界は、こういった新技術への対応は消極的にも感じますが、もう少し映像処理チップの処理能力が向上すれば他メーカーにもすぐに採用され、映像の高画質化に必要不可欠な技術として広まっていくのではないでしょうか。

※出典:ONVIF公式HP技術情報(外部サイト)

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口