防犯カメラの費用はいくら?施工費用・ランニングコストや節約方法まとめ

防犯カメラを設置することで、家庭での防犯性をアップしたり、企業のセキュリティ面を強化することができ、日々の生活に安心がもたらされます。
しかし、防犯カメラは購入費用やリース費用だけでなく、施工費用や、保守・メンテナンス費用もかかります。
そのため、防犯カメラの設置を考える際にはこのようなコスト面も考慮しておくことが必要です。

そこで今回は、防犯カメラの設置費用からランニングコスト、メンテナンス費用まで、防犯カメラにかかる費用について解説します。

まずは防犯カメラの設置目的を明確に

防犯カメラは設置する際は、まず設置目的をはっきりさせることが必要です。
防犯カメラの種類やそれぞれの機能は多岐にわたるため、設置目的によって選ぶべき防犯カメラが変わるからです。

例えば、屋外に取り付ける場合には、雨風や温度変化に耐えうるカメラであるかどうかだけでなく、撮影可能距離を確認する必要があります。
また、天候が悪いときや、夜間に暗視できるものであるかなども考慮しなければなりません。

他にも、防犯カメラを設置して、24時間撮影ずっと録画するのか、限られた時間帯のみを撮影して監視するのかなど、どのような目的で設置するかで防犯カメラの機能が変わります。

防犯カメラの機能が変わると、当然費用も変わってくるため、防犯カメラを設置する際は、具体的にどのような目的で設置するかを明確にしておくことが重要です。

防犯カメラの設置費用

防犯カメラの設置費用は、設置場所や見積もりする会社によって費用が変わるため、一概にいくらかかるかはいえません。

さらに、防犯カメラ工事は以下のような細かい条件があるため、どのくらいの費用がかかるのか分かりにくくなっています。

  • 設置台数
  • 設置の高さ
  • 配線の距離
  • 配管やモールの長さ、穴を開けるかどうか

しかし、カメチョの見積もりシステムはそれらを踏まえた上で、簡単な入力事項を記入するだけですぐに見積もりすることが可能です。
防犯カメラの見積もりが気になる方は「カメチョ」にぜひ一度ご相談ください。


【関連】防犯カメラの工事にかかる費用は?施工業者の選び方や補助金について解説

施工業者に依頼する場合は相見積もりがおすすめ

業者によっては、カメラ本体に加えて必要な機器をパッケージ販売することで、セット料金としてリーズナブルに提供しているところもあります。
セットであれば、カメラと録画機材の相性などの心配もなく、必要な機材やパーツが揃っているため、設置工事もスムーズに進めることが可能です。

また、自分で防犯カメラを設置すれば費用を安く抑えることができますが、やはりプロによる設置工事ならではのメリットが多いことも事実です。
プロの視点に立った防犯対策や、保証や定期点検などのアフターサービスがあり、安心面や長期的なコスト面で考えると、業者に依頼した方がいいでしょう。

ほとんどの業者では見積もりが無料であるため、何社かに見積もりを出してもらった上で、比較検討することをおすすめします。

防犯カメラのランニングコスト

防犯カメラは店舗や企業、個人が独自で設置して、画像をチェックすることもできますが、警備保障会社やホームセキュリティ会社と契約することで緊急時に駆けつけてくれるサービスを受けられます。
ただし、その場合は月額料金がかかります。

ホームセキュリティサービスがあると安心ですが、利用する場合は毎月のランニングコストも考慮しておくといいでしょう。
また、ホームセキュリティ会社でもさまざまなプランがあるため、比較することをおすすめします。

防犯カメラの保守点検・メンテナンスの費用と内容

防犯カメラは24時間休みなく稼働しているため、カメラの角度がずれて目的の場所が映らなくなったり、ホコリが溜まって映像がきれいに映らなくなるなど、不具合が生じてきます。
そのため、定期的な保守点検やメンテナンスが重要です。

ここからは、防犯カメラの保守点検・メンテナンスの費用と内容について紹介します。

メンテナンス内容

メンテナンスは自分で行うこともできますが、業者に依頼した方が小さな不具合を発見できるため、業者に依頼する方がおすすめです。
業者によって細かな部分は変わりますが、主な点検内容はあまり変わりません。

一般的なメンテナンス内容は以下の通りです。

  • カメラシステムの全体的な動作チェック
  • 防犯カメラ、レコーダー、内臓ハードディスク、配線や配管のチェック
  • 画角やピント調整
  • レンズ、ハウジング、レコーダーファンの清掃

以上の作業を通して、防犯カメラに異常や不具合がないかをチェックします。

また、防犯カメラをケーブルでつないでいる場合、それらの接続や電源の確認も費用になります。
特に、屋外に設置している防犯カメラは天候などによってダメージも多く受けるため、定期的にメンテナンスすることが大切です。

保守点検の内容

保守点検とは、機会が正常に作動するように「保守契約」というものを結び、有料で定期的に保守メンテナンスを業者がしてくれることです。

保守点検は故障してから修理交換するのではなく、故障や不具合が起きないようにするための点検となります。
また、防犯カメラ業者の中には「フルメンテナンス保守」と「スポット保守」の2種類のプランを用意している会社もあります。

フルメンテナンス保守とは、防犯カメラだけでなく、レコーダーやモニター、その他の設置機材をすべてカバーしてくれる契約です。
そのため、トラブルが発生した際に、部品交換費用や人件費などのすべての費用をかけずに対応してくれるだけでなく、定期的な点検も行ってくれます。

それに対してスポット保守は、故障や障害が発生したときの修理と交換だけに対応しています。
定期的な点検も受けたい場合は、保守点検の中でもフルメンテナンス保守を選ぶことをおすすめします。

保守点検やメンテナンス費用の目安

保守点検とメンテナンス費用の一般的な目安は、月額2,000円〜10,000円になります。
メンテナンスや保守点検の内容は先述したように、「フルメンテナンス保守」と「スポット保守」で費用が異なります。
そのため、どのような内容で保守点検を依頼したいのか、事前に考えておくことがポイントです。

防犯カメラの設置費用や月額費用を安くする方法

防犯カメラは、自分で設置したり、ダミーカメラを設置することで費用を大幅に下げることができます。
最後に、防犯カメラの設置費用やランニングコストを安くする方法を紹介します。

自分で設置する

防犯カメラや周辺機器が安く手に入れば、あとは自分で設置を行えば、費用を抑えることが可能です。

しかし、各種機器の設定や接続、配線などを自分で行うには、それなりの知識や技術が必要となります。
また、防犯に効果のある場所やカメラの角度、取り付け強度や配線の仕方など、防犯カメラの専門家でなければ分からないこともたくさんあります。

そのため、機械に詳しくないという方は自分で設置するよりも防犯カメラの専門業者に依頼することをおすすめします。

ダミーカメラを設置する

防犯カメラの設置費用を抑えるための方法として、ダミーカメラを設置する方法があります。
ダミーカメラとは、偽物の防犯カメラのことです。

ダミーカメラには、不審者に「カメラがある」という意識を持たせることで威嚇するという効果があります。
ダミーと言っても見た目は防犯カメラそのものです。
普通の人には本物の防犯カメラが設置されているように見えるため、本物の防犯カメラと同様に、犯罪抑止力があります。

本物の防犯カメラを設置するとなると、高い費用がかかることに加え、電源が必要となります。
屋外の場合、配線がないと新たに配線する必要があり、そのための費用もかかってしまいます。

その点、ダミーカメラなら、約2,000円で購入することができます。
そのため、コストを抑えたい方や本物の防犯カメラが設置できない方が、ダミーの防犯カメラを導入するケースが多いです。

ダミーカメラは、偽物であるとバレないよう、見た目が大変重要です。
あまり安いものを選んでしまうと、ダミーカメラであることがすぐにバレてしまうため、最低でも数千円程度のものを選ぶことをおすすめします。
さらに、ダミーカメラを設置する際は、ダミーであると気づかれないよう、設置方法や場所にも気をつける必要があります。

セットで購入する

設置環境や状況によっては、防犯カメラ1台だけでは効果が見込めないことも多いです。
特に、監視したい範囲が広かったり、複数箇所を確実に防犯したかったりする場合は、必要なカメラの台数が多くなります。
複数のカメラを設置する必要がある場合は、後々カメラを追加購入するよりも、最初から複数設置した方がお得になるケースが多いです。

また、防犯カメラには周辺機器も必要になります。
最低限のパーツや機材が最初からセットになっているものを選ぶことで、余計なコストを削減することが可能です。

まとめ

今回は防犯カメラの設置費用やランニングコスト・メンテナンス費用などの維持費、設置費用を安く抑える方法について紹介しました。

防犯カメラの設置費用は約10万円以上かかり、少ない金額ではありません。
失敗を避けるためにも、設置する際はまず最初に設置目的を明確にしてから選ぶことが重要です。
また、防犯カメラを自分で取り付けたり、ダミーカメラを取り付けたりと、工夫次第で設置費用を抑えることができます。

防犯カメラの設置を検討中の方はぜひこちらの記事を読んで、カメラの設置の際の参考にしてみてください。