無料相談する

マンションにおける防犯カメラの必要性は?主な設置場所から運用のポイントまで解説

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[03-6632-1582](土日祝を除く9:00~18:00)

マンションは住民だけでなく宅配業者や住民の来訪者など、さまざまな人たちが出入りする場所であり、不審者も侵入しやすい環境であるため防犯カメラの必要性は高いといえます。

この記事では、防犯カメラがマンションに必要な理由や防犯カメラの設置によって得られる効果、具体的な設置場所、運用時のポイントなどについて解説します。

マンションへの防犯カメラの設置を検討している方はぜひ参考にしてください。

防犯カメラがマンションに必要な理由

マンションはさまざまな人が暮らすだけでなく、宅配業者や他の住民の来訪者、飲食店のデリバリーサービスなど不特定多数のさまざまな人たちが出入りする環境であるため、防犯のためにも防犯カメラの設置が求められます。

マンションに防犯カメラを設置することで以下のような活用が期待できます。

  • ゴミ捨て場での不法投棄の防止
  • 不審者の特定
  • 自転車盗難の犯人特定
  • ポストの郵便物を荒らした犯人の特定
  • 車上荒らしの防止

このほかにも、防犯カメラを設置していることで住民は安心感を得られるため、新たな入居者の獲得にもつなげられるでしょう。

マンションに防犯カメラを設置することで得られる効果

マンションに防犯カメラを設置することでさまざまな効果が得られます。

ここでは具体的な効果を2つご紹介します。

犯罪の抑止効果

防犯カメラを設置することで、不審者はマンション内に侵入しにくくなるため犯罪の抑止効果が高まります。

また、ただ単に防犯カメラを設置するだけでなく、目につきやすい場所に設置する、「防犯カメラ録画中」といったシールを合わせて貼るなどすることでさらに防犯効果が高まるでしょう。

カメラの中には、防犯カメラであることが一目でわかるボックス型のカメラや、一見すると防犯カメラのように見えるダミーカメラなどもあるため、これらのカメラを組み合わせることで犯罪抑止につながります。

証拠映像として活用できる

トラブルが発生したときに、防犯カメラに不審者が映っていれば証拠映像として活用できます。

映像として残ることで犯人の素早い逮捕につながる可能性があるため、住民の不安も解消できるでしょう。

賃貸マンションにおける防犯カメラ設置の可否

賃貸マンションに住んでいる場合、室内であれば防犯カメラを設置しても特に問題はありません。

一方で、玄関のドアの近くやベランダなどは他の住民との共用部分となるため、設置にあたっては事前に不動産会社や管理会社に確認し許可を得る必要があります。

マンションによっては、防犯カメラの設置に伴い壁や天井に穴を開けると、退去時に補修しなければならないケースもあるため、注意してください。

なお、共用部分への防犯カメラの設置が認められた場合は、近隣住民へ周知徹底し、理解を得ることが大切です。

何も伝えないまま防犯カメラを設置すると、他の住民が不安に感じてしまうほか、場合によってはトラブルに発展する可能性もあります。

以上の点から、賃貸マンションで防犯カメラを設置する場合は、基本的には事前に確認し、周囲の住民の理解を得ることが大切です。

マンションにおける防犯カメラの設置場所

マンションでは、さまざまな場所に防犯カメラを設置できます。

ここでは主な設置場所をご紹介します。

エントランス

エントランスはマンションの中でも多くの人が出入りする場所であるため、防犯対策に取り組むうえでは非常に重要な場所だといえます。

エントランスに防犯カメラを設置する場合、一目で防犯カメラであることがわかるようなタイプの設置がおすすめです。

このような防犯カメラは目立ちやすいため、不審者の侵入を抑止してくれる可能性があります。

エレベーター

エレベーターは密室となる空間であり、犯罪が起こりやすい場所であるため、防犯カメラの設置をおすすめします。

ただし、エレベーターは住民が日常的に使用するものであるため、エントランスに設置するような目立ちやすい防犯カメラよりもドーム型の目立たない防犯カメラの設置が適しているでしょう。

駐車場

駐車場はマンションの敷地外との出入口となっており、住民以外の人でも入ってきやすいエリアです。

また、駐車場には車やバイクなど資産価値の高いものが多数あるほか車上荒らしが発生する可能性もあるため、細心の注意を払うためにも防犯カメラを設置しておきたい場所だといえるでしょう。

駐車場に防犯カメラを設置する場合、エントランスと同じように目立つタイプの防犯カメラがおすすめです。

また、駐車場は雨風にさらされる可能性がある、昼夜を問わず撮影しなければならない、といった特徴があるため、防水・防じん対応の防犯カメラ、暗視カメラなどを選ぶといいでしょう。

通路

マンションの階段や踊り場といった通路は死角となりやすい場所であるため、防犯カメラを設置することで犯罪の抑止効果を高めることができます。

通路に防犯カメラを設置する場合、広範囲を撮影できる広角タイプのカメラや夜間でも撮影できる暗視カメラなどがおすすめです。

特に広角カメラを用意すると、カメラの導入台数を減らせるため、導入コストをできるだけ抑えたい場合などにも適しています。

防犯カメラの導入コスト

マンションなどの集合住宅の場合、防犯カメラはレンタルやリースするケースが一般的です。

また、価格はカメラの種類や設置台数によって変わりますが、初期費用として1台あたり20,000円〜、毎月のレンタル費用を4,500円〜15,000円程度と考えておいてください。

なお、レンタルではなくカメラを購入する場合、毎月のレンタル費用は不要ですが、購入費用で1台あたり数万円以上かかります。

導入コストは決して安くないため、できるだけ安いものを選びたいと考えるかもしれませんが、安い防犯カメラだと求めるセキュリティレベルに達しない可能性もあるため注意が必要です。

防犯カメラを安く設置する方法

防犯カメラをできるだけ安く設置したい場合、初期費用とレンタル費用をいかにして抑えるかがポイントです。

例えば、仲介業者を通さず、直接防犯カメラを取り扱っている業者に注文することで中間マージンが発生しないためコストを抑えられる可能性があるでしょう。

また、防犯カメラの専門業者は、大量仕入れにより安くカメラを扱っているケースもあるため、そういった業者を利用することも1つの方法です。

そのほかにも、最初から1つの業者に絞るのではなく、見積りをとって比較したうえで自分に合ったものを選ぶこともポイントです。

防犯カメラ運用のポイント

マンションにおける防犯カメラは、常時稼働させておくケースが一般的であるため、手放しの状態で運用できるようにしておくことが大切です。また、カメラにトラブルが発生するなど異常事態が起こったときの連絡先は把握・共有しておきましょう。

この点を押さえておけば、防犯カメラの管理担当者が変わっても問題なく運用できます。

また、録画した映像の閲覧に関しては、ルールを決めておく必要があります。誰でも閲覧できる状態になっているとトラブルにつながる恐れがあるため、管理担当者と管理組合員のみといった形で制限することが大切です。

さらに、業者によるサポート体制の有無もチェックしておきましょう。

防犯カメラを購入して設置する場合、サポートが受けられないケースが一般的です。そのため、防犯カメラの設置や故障対応も全て自身で行わなければなりません。

一方で、レンタルやリースであれば、サポートを受けられるケースが多いため、初めて防犯カメラを設置するようなケースでも安心して利用できるでしょう。

防犯カメラは住民の安全を守るためにも重要な役割を果たすものであるため、サポート体制はしっかりとチェックすることが大切です。

まとめ

今回は、マンションに防犯カメラが求められる理由や設置によって得られる効果、主な設置場所、導入コストなどについて解説しました。

不特定多数の人が出入りするマンションは、不審者にとっても侵入しやすい場所であるため、防犯カメラの必要性は高いといえます。

エントランスやエレベーター、駐車場など犯罪が起こりやすい場所もいくつかあるため、各エリアに応じた適切なカメラを設置しましょう。

カメチョでは、お客さまのニーズに応じて最適なカメラの提案をおこなっています。
また、マンションへの施工実績も多数あります。

防犯カメラの導入を検討している方はぜひお問い合わせください。