防犯カメラ・監視カメラ用語集

防犯カメラや監視カメラの導入を考えている方に向けて専門用語の解説です。
ご自宅やオフィス、店舗などに防犯カメラ、監視カメラ、ネットワークカメラを導入する際にぶつかる疑問を解決するべく、「カメチョ」では専門用語を、分かりやすさを意識して解説いたしますので比較検討時の知識としてお役立てください。

ワンケーブルカメラ

英語表記:One-Cable Camera
読み:ワンケーブル-カメラ

ワンケーブルカメラとは、DVRなどの録画機器と複数のカメラを接続する際にカメラとDVRの間に複数のカメラ映像の信号を合成する機器(信号重畳ユニットなどと呼ばれる)を挟むことで配線を容易にすることができ、電源と映像信号をワンケーブル(1本の配線)でおこなうカメラのこと。アナログカメラの接続において用いられる用語。導入に際しては、信号重畳ユニットが最大何チャンネルのカメラ信号を統合できるのかという点に注意しておく必要がある。
ネットワークカメラにおいては、PoE対応ネットワークハブによって映像信号と電源を同じケーブルで送信するのは当然のため、あえてワンケーブルカメラとは呼ばれない。