新型コロナウイルス対策に。置くだけ簡単設置・低価格な「体表面温度監視カメラシステム」のご紹介

まだまだ終息の見えない新型コロナウイルスの予防対策として、一般企業様でもご利用いただける製品が注目されています。
今回ご紹介するのは、置くだけで簡単設置ができて低価格な「体表面温度監視カメラシステム」です。
機能の特徴や設置・設定概要、条件などをお伝えします。

体表面温度監視カメラシステムの特徴

体表面温度監視カメラシステムでは、体表面温度検知やアラーム検知、映像記録を行うことができます。
手頃な価格で導入できる点が嬉しいポイントです。
また各施設や工場・倉庫、事務所・オフィス、病院・クリニックなどの入口に置くだけでご利用いただけるシステムですので、簡単設置ができる点もご好評をいただいております。

特筆すべき特徴は以下のとおりです。

体表面温度を自動認識/設定温度を超えるとお知らせ

体表面温度を認識し、モニターに温度表示が表示されます。
正常検出の場合は「正常です」、異常検出の場合は「基準を超えています」との音声アナウンスでお知らせすることが可能です。
設定温度との誤差が±0.3℃と、正確な測定・検出ができることも特徴です。

検知距離約1m/認識速度約3秒(1回につき1人)

非接触の体温測定装置のように測定作業者が手動で行う作業が省略されるため、安全です。
また、マスクを装着している場合でも体表面温度をスピーディに測定・検出することができます。

SDカードへの記録保存が可能

SDカード(別売)を挿入することで、映像の記録保存が可能です(32GB〜256GB)。
連続記録や上書き記録も可能となっており、保存された録画データはお手持ちのパソコンで再生していただけます。

体表面温度監視カメラシステムの設置・設定について

体表面温度監視カメラシステムは、カメラ+モニター+三脚+ACアダプタのフルセットとなっております。
簡単組み立て・簡単設置で即使用可能です。

設置条件は以下の通りです。

  • 屋内常温の環境であること(高温多湿、屋外では使用不可)
    ※室温基準値設定可
  • 検知エリアに人体以外の発熱帯がないこと

また、検知範囲や基準温度値の設定はODSメニューにて変更していただけます。
デフォルトの検知範囲は0〜80℃、基準温度37.3℃となっています。

ウイルス対策に「体表面温度監視カメラシステム」の導入を

前回ご紹介したサーマルカメラによる「体温表示システム」は、1秒間に30人の同時測定が可能な、一日に何百人、何千人という人が出入りする大型施設向けでしたが、本製品の測定処理能力は1回につき1人ではあるものの、設置が簡単で低価格帯の製品となっております。

導入をご検討されている方や、価格などその他詳細についてはご質問がある方は、カメチョまでお気軽にお問い合わせください。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口