ネットワークカメラの録画データ量の目安-画質とデータは二律背反-

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

みなさんこんにちは。カメチョ編集部です。今回はネットワークカメラと切っても切れない関係にある通信回線の帯域についてです。

最近では、ネットワークカメラの性能向上に伴って記録できる映像もより高精細・高画質化していますが、記録する映像のデータ量も増加しています。もちろん録画映像を記録するハードディスクの容量あたりの価格は徐々に下がりつつありますが、データ量はそれを超える勢いで増えています。そこで、ネットワークカメラを導入する際にどの程度の期間録画が出来るかの目安を簡単にまとめてみました。

録画に必要な容量の目安

圧縮率によって録画容量は大きく変わってきますのであくまで目安として認識いただきたいのですが、簡単に表にすると下記のようになります。

解像度 フレームレート トラフィック 1日録画するのに必要な容量
480×270 5fps 250Kbps 4.32GB
960×540 5fps 900Kbps 9.72GB
1280×720 5fps 1700Kbps 22.68GB
1920×1080 5fps 3800Kbps 41.04GB

解りやすいようにフレームレートは5fps(1秒間に5コマ)の録画で表示しています。いかがでしょうか。フルHD(1920×1080ピクセル)の動画では1日あたり40ギガバイトというデータ量になります。1ヶ月間録画するには約1テラバイトの容量が必要になるわけです。とはいっても安価なカメラは「小さなイメージセンサー」を使って「高解像度」で記録して「高い圧縮率」で記録するものが多いので、上記の数値よりも少なくなっているはずです。大手メーカーの製品であれば記録する解像度が調整できるだけではなく、圧縮率も調節できるので(キヤノン製のネットワークカメラであれば5段階の調整が可能になっていることが多い)、必要に応じて選択することが出来ます。

防犯設備業者が良く使う計算式

実際に防犯設備の設置業者などが細かな計算を行う前の段階では暗算で

  • 1280×720(≒1メガピクセル)=ビットレートは2Mbps≒1日20GB
  • 1980×1080(≒2メガピクセル)=ビットレートは4Mbps≒一日40GB

などと計算することが多いので覚えておくと良いかも知れません。

PRや集客でお困りではありませんか?ネットワーク防犯カメラ比較サイトだからできるPRや集客のお手伝いに興味はございませんか?本サイトでは、メーカー様・販売代理店様・設置業者様に合わせた効果的なPRや集客をお手伝い致します。
メールでの無料相談はこちらから>>

では最新コーデックのH.265ならどのぐらい削減が見込める?

カメチョでも何度かお伝えしておりますが、最近では大手メーカーに限らずH.264の次世代圧縮コーデックH.265 HEVCに対応したカメラやレコーダーが発売されています。H.265の発表当時は同画質でH.264比で約半分のデータ量に圧縮が可能などといわれていましたが、各社から発売されている製品を見ている限りでは2~3割の削減に留まっています。

Panasonicの発表でもH.265コーデックによるデータの削減率は25%とのことだが

 

PanasonicではH.265に加えてAuto-VIQSと呼ばれるスマートコーディング技術によって、同画質でH.264比約2倍の高圧縮を実現させている。

防犯カメラのレコーダーの導入・買い替えをご検討中ではありませんか?防犯カメラの設置はもちろん、レコーダーの導入・買い替えなど防犯カメラの設置・導入のことなら何でもおまかせください。本サイトでは、防犯カメラ設置のプロに無料でご相談いただけますので、ぜひ、ご活用くださいね。
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。