無料相談する

スマホで簡単!見守りカメラとは?機能や選び方まで徹底解説

『スマホ連動の見守りカメラ』とはどんなカメラなのか?カメラ選びに迷われている方へわかりやすく解説。スマホ連動の見守りカメラの機能や選び方、どのような人にオススメなのかを紹介します。実際に購入を考えている方はぜひ参考にしてください。スマホ連動の見守りカメラを購入することで病気の家族の異変に気付いたり、怪しい侵入者へカメラから話しかける機能もあったりします。

スマホ連動の見守りカメラとは

最近の防犯監視カメラのほとんどは「ネットワーク」に対応しているので、専用のアプリをスマホにダウンロードすることで、カメラの映像をスマホでチェックできるようになっています。
豊富な種類の製品がネットで販売されており、しかも安価なため、屋外の監視カメラとしての設置するだけでなく、室内のペットや子ども、離れた場所に住む親御さんの見守りに使う人も増えて人気が高まっています。

スマホ連動の見守りカメラの機能


スマホ連動の見守りカメラでは、ただ録画するだけでなくスマホと連動することによって、特に3つのメリットがあります。

  • いつでもどこからでも遠隔監視ができる
  • スマホへの通知機能
  • 初期コストを抑えられる

いつでもどこからでも遠隔監視ができる

自宅にひとりで留守番させているペットや、学校から帰ったお子さんの様子をスマホでいつでもどこからでも見ることができます。
たとえば、地震が起こった時に自宅で帰りを待つペットの様子を確認したり、声をかけたりしてペットに寄り添うことも可能です。

スマホへの通知機能

スマホと連動することによりお子さんの帰宅を知らせたり、来訪者の訪問をスマホへ通知したりする機能もあります。
屋外での設置であればカメラが不審者を感知したら、リアルタイムで不審者の映像を確認することもできます。
スピーカー機能を使うことで不審者へ話しかけられ、空き巣やいたずらの被害にあう前に自宅の安全を守るために役立つことでしょう。

初期コストを抑えられる

機能として優れているだけでなくコスト面でも優れているのが、スマホ連動の見守りカメラの特徴です。
本格的な監視カメラを導入するためには、モニターの導入やデータ保存用の機器の導入などさまざまな機器を用意しなければなりません。
スマホ連動の見守りカメラであれば複雑な機器は必要なく、コストを抑えられます。

スマホ連動の見守りカメラの選び方

見守りカメラにもさまざまな種類がありますが、今回は搭載しておきたい機能を4つ教えます。

  • Wi-Fi接続が可能
  • スマホ操作で首振りが可能
  • アクティビティ通知が可能
  • 双方向通話が可能

これらはスマホ連動の見守りカメラに必要な機能というわけではないですが、ぜひともつけておきたいオススメの機能をまとめて紹介しています。

Wi-Fi接続が可能

有線接続でも設置は可能ですが、配線工事不要で設置できるので、Wi-Fiを搭載している機種であれば買ってすぐに簡単に利用できます。但し、Wi-Fiは接続が不安定になるリスクがあるため、注意が必要です。

スマホ操作で首振りが可能

スマホのフリック操作により、カメラの映している範囲を自由に動かせます。
最近では動くペットや子供を自動追跡してくれるカメラも登場しています。

アクティビティ通知が可能

カメラで家族の帰宅や不審者を検知した時にスマホへ通知が出るサービスです。スマホ連動に必須の機能ではありませんが、お子さんが帰宅した際に通知を出せるなど便利な機能です。アクティビティ通知がついている機種を選ぶのがいいでしょう。

双方向通話が可能

スマホ連動の利用では遠隔から監視カメラの映像を確認するだけになりますが、こちらからアクションができなければヤキモキすることはあります。こちらからのアクションを相手にも伝えることもできるのが双方向通話の機能です。お子さんやペットにいるご家庭であれば特に使い勝手のよい機能でしょう。

さらに高機能なスマホ連動の見守りカメラの選び方

スマホ連動の見守りカメラを選ぶなら、さらにランクを高めたい人もいるでしょう。
高機能なカメラを選ぶには、3つのポイントを確かめるとさらに質の高い機種を選べます。

  • クラウド録画対応
  • 広い画角
  • 高い画素数

クラウド録画対応

一般的な監視カメラであれば録画はSDカードやHDDに保存しますが、何日も連続で撮影するためにはデータ容量の問題や定期的なメンテナンスが必要となります。
クラウドでの録画であればデータはインターネット上のサーバーに保管されるため、機械本体への録画容量は必要なく、長期間の録画の保存が可能です。

広い画角(視野)

広い視野をもつことで犯行の現場を逃さずに撮影し続けられます。
水平画角が100°以上であれば、広画角のカメラと言えるでしょう。iPhone13の超広角レンズで画角120度°と言われています。

画素数が200万画素以上は高機能

一般的なフルハイビジョンテレビの画素数が200万画素(1920 x1080p)であるため、犯行の現場をテレビの撮影のようにくっきりと残せます。
画素数は高ければ高いほどくっきりとした動画を撮影できるため、犯行の現場をズームで確認するためには200万画素よりも高い機種であれば録画の質がさらに高まるでしょう。

まとめ:スマホ連動の監視カメラであれば安心感と信頼感が高まる

防犯のための監視カメラとしてだけでなく、スマホ連動の見守りカメラであれば実際の現場の様子をすぐに確かめることで安心感が高まります。
スマホ連動の見守りカメラは、安価で豊富な種類なものがネットで販売されていますが、どちらかというと個人向けです。
防犯監視カメラ用レコーダーも最近ではほとんどネットワーク対応になっており、スマホアプリにも対応しているので、1拠点に複数台のカメラを設置される場合や、業務で使用される場合はレコーダーを選ぶのが良いでしょう。