防犯カメラの種類まとめ!それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説

防犯カメラの種類は屋内用、屋外用など数が多く、利用目的に応じて適切に選ぶことが大切です。
ネットワークカメラやウェブカメラの登場を始め、防犯カメラの製造技術は年々進化しています。
防犯カメラには一体どのような種類があるのでしょうか。
今回は、防犯カメラの種類ごとの特徴や、メリット・デメリットを紹介します。

防犯カメラの種類〜システム編〜

IT技術やネットワークシステムの発展に伴い、従来型のシステムを搭載した防犯カメラから最新のシステムを装備した防犯カメラまで、さまざまな種類のカメラが登場しています。
防犯カメラを導入する際は、使用用途に合わせたシステムを搭載したものを選択することが大切です。
ここでは、搭載しているシステムごとに分類した防犯カメラの種類を2つ紹介します。

アナログ防犯カメラ(CCTVカメラ)

アナログ防犯カメラとは、CCTVカメラのようにカメラから出力モニターまで一体となって接続されているシステムを搭載したカメラを指します。同軸ケーブルを使用したアナログカメラシステムを搭載しています。
CCTVとは「closed-circuite-television」の略称であり、別名「閉回路テレビ」と呼ばれています。

アナログ防犯カメラの場合、録画した映像データはレコーダー(ハードディスクまたはカメラに内蔵されているSDカード)に保存されます。
そのため、容量がいっぱいにならない限り、確実に映像を保存しておくことが可能です。
アナログ防犯カメラの中には、レコーダーとインターネットを接続することが可能な製品が存在します。
この場合、レコーダーに録画された映像を、ネットワークを通じてスマホなどの端末で閲覧できます。カメラの映像を端末で見ているのではなく、レコーダーに貯められた映像を見ることができる、ということです。

デジタル防犯カメラ(IPカメラ/ネットワークカメラ/ウェブカメラ)

デジタル防犯カメラとは、無線LANやLANケーブルを利用して、データをデジタルデータに変換して転送するコンピュータ一体型カメラです。
具体的には、IPカメラやネットワークカメラ、ウェブカメラを指します。
個々のカメラ自体にIPアドレスが割り振られており、ネットワークに直接接続され、同じネットワーク経由で複数の情報を配信することが可能です。

データの劣化がなく高画質であることから、細部まで鮮明に確認できる点や、複数の端末からリアルタイムで映像を確認できる点がメリットです。
一方で、ネットワーク環境に左右されることがあるため、録画が不安定で確実とはいえません。
デジタル防犯カメラの場合、映像はクラウド上に保存されます。7日、14日、1か月、60日間というように、映像の保存期間ごとで月額利用料が異なるのが一般的です。

防犯カメラの種類〜形状編〜

利用用途や設置場所に応じて、さまざまな形状の防犯カメラが誕生しています。
設置する場所によっては似つかわしくない形状の防犯カメラもあるため、形状によって防犯カメラの種類を選択する際は注意が必要です。
ここでは、3つの形状の防犯カメラと、それぞれの特徴を紹介します。

ボックス型カメラ(筒型カメラ)

防犯カメラといえばボックス型のカメラを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
四角い筒型の形状をしているボックス型カメラは、一目で防犯カメラであると判別されるという特徴があり、防犯効果が高いカメラとしてさまざまな場所に導入されています。
ボックス型カメラには威嚇効果があるため、空き巣や不審者対策として利用されるケースが多いです。
また、ボックス型カメラは設置場所に固定して決まったエリアを撮影するため、狙った場所をピンポイントで撮影したい方におすすめの防犯カメラです。

ドーム型カメラ

レンズがドーム状のカプセルの中に収められており、丸型のデザインで威圧感がないという特徴があります。「いかにも防犯カメラ」という典型的な形状ではなく、照明器具に似たシンプルな形で、一般的には建物の天井部分に設置されています。
空間になじみやすく違和感を与えずに設置できるため、顧客が行き交う店舗などに設置される傾向があります。
したがって、ドームカメラは屋内設置向けの防犯カメラとされています。

PTZカメラ(パン・チルト・ズームカメラ)

PTZカメラは、カメラレンズを左右や上下に動かすことができ、映像を拡大・縮小できる高機能カメラです。遠隔で操作することが可能で、1台で広い範囲を監視することができます。
カメラレンズを左右に動かす「パン機能」、カメラレンズを上下に動かす「チルト機能」、さらに映像を「ズームする機能」を有しています。
形状はドーム型カメラと類似しており、基本的にレンズはドーム型のカプセルに収められています。
一般的な防犯カメラよりも広範囲な撮影を目的としているため、多くの人が行き交う商業施設や公共機関、工場などで導入されるケースが多いです。
遠隔操作でレンズを自由に動かせるメリットがある反面、操作とレンズの動きにタイムラグが発生するというデメリットがあります。
また、価格が高い点や、 24時間常に同じ場所を撮影できない点もデメリットといえるでしょう。

防犯カメラの種類〜機能編〜

テクノロジーの発展に応じて防犯カメラの機能は年々向上しています。
それに伴い防犯カメラの種類もより細分化されており、設置場所や使用目的に応じた特徴的な機能を搭載した防犯カメラも多く販売されています。
いざ購入しようと思っても、機能ごとの専門用語が多すぎて、どういった機能かわかりづらいですよね。
ここでは、用語説明とともに、防犯カメラの種類を機能別に紹介します。

赤外線機能

赤外線機能とは、暗い中でも赤外線を通じて映像を写すことができる機能のことです。
赤外線機能が搭載されているカメラは赤外線センサーと連動しており、監視している場所で人の存在を認識するとモニターが作動して撮影を始めます。
通常は作動することなく、必要な場合のみ自動的にカメラ作動して撮影するため、常に撮影しているカメラと比較してコストパフォーマンスに優れているメリットがあります。

マイク内蔵

防犯カメラに小型マイクが内蔵されており、周辺の音を録音するカメラも存在します。
LANケーブルで繋がったマイク内蔵型ネットワークカメラの場合は、音声端子がついているため、リアルタイムで音声と映像を視聴できます。
性能のいいマイクが搭載されている場合は周辺の雑音を拾ってしまい、必要な音が拾えない可能性があるため注意が必要です。

防犯灯

防犯カメラと防犯灯の役割を一台のカメラに備えている機能的なカメラもあります。
日中は通常の防犯カメラとしての役割を果たし、比較的犯罪が起こりやすい夜間は防犯カメラとしてだけでなく周囲を照らす街灯の役割を果たします。
夜間の映像も明るく撮影できるため、犯罪捜査に活躍するケースもあります。

デジタルタイムコード埋込機能

デジタルタイムコード埋込機能とは、撮影した映像と音声を同期する機能です。
映像と音声を同じ時間軸で同期できるため、映像に合わせた音声を正確に拾いたい場合には、このデジタルタイムコード埋込機能付カメラが役立ちます。

防滴・防水・防塵性能

水滴やほこり、粉塵などからカメラを守り故障を防ぐ防滴・防水・防塵性能付きカメラは、主に屋外に設置する防犯カメラとして使われています。
水やほこりが入りやすい箇所にシーリングと呼ばれる加工を施されているため、雨や強風などの厳しい環境下で撮影する場合に適しています。
屋外用カメラを選ぶ場合は、IP66、IP67(※)といった記載のあるカメラを必ず選ぶようにしてください。
※防水防塵の基準

目的に合わせて防犯カメラの種類を選択しよう!

防犯カメラは年々進化を続けており、屋内向けや屋外向け、夜間向けなど用途に合わせたさまざまな機能を搭載したカメラが続々と誕生しています。
防犯カメラの効果を最大限発揮させるためには、設置目的や設置場所、設置時間に合わせた適切なカメラを選ぶことが重要です。
今後もし防犯カメラを購入する予定であれば今回の記事を参考にして、仕様目的にあった防犯カメラを選択することをおすすめします。