無料相談する

外出先でも安心!スマホやタブレット対応の防犯カメラとは?

防犯カメラと、スマホやタブレットとの連携機能により、外出先や旅行先で防犯カメラの映像を確認できるようになりました。
ますます便利になっている防犯カメラを活用するため、その特徴やおすすめの防犯カメラなどについて詳しくご紹介します。

ご家庭やお店、事務所での犯罪行為やいたずらに防犯カメラで対策しておきましょう。

スマホやタブレット対応の防犯カメラの特徴

近年、スマホやタブレットに対応した防犯カメラを設置しているご家庭やお店、事務所が増加中です。
例えば、戸建て住宅やマンション、全国チェーンの飲食店やスポーツジム、メーカーの工場や倉庫、戸建て住宅など、さまざまな場所で利用されています。

まずは、スマホやタブレット対応の防犯カメラの特徴について解説します。

ネットワークカメラ以外にも対応

「スマホやタブレットに対応している防犯カメラは、ネットワークカメラのみ」と誤解したイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

ネットワークカメラとは、LANケーブルを配線するIPカメラのことです。
ネットワークカメラ以外のAHDカメラ、TVIカメラ、CVIカメラといった一般的なカメラでも、スマホやタブレットに対応しています。また、これらのカメラは、ネットワークカメラよりも安価で手に入れることが可能です。

スマホやタブレットとの連動には、アプリを使用します。
iPhoneのApp Store、もしくはAndroidのGoogle Playからアプリをダウンロードして、防犯カメラと連携の設定を行うだけ使用することが可能です。
基本的には、カメラのメーカーが提供する専用アプリを選ぶこととなります。
また、ほとんどのアプリは無料で提供されています。

注意点は、安すぎるカメラを購入しないことです。
スマホやタブレットのバージョンアップとともにアプリの仕様も更新されるため、安価なカメラでは更新時にアプリの対応外となってしまう恐れがあるからです。
有名ブランドのカメラメーカーや専門店で、適切な価格帯のカメラを購入することをおすすめします。

リアルタイムで映像を確認できる

スマホやタブレットに対応していない防犯カメラの場合、実際に映像を確認するまでにタイムラグが生じてしまいます。
モニター画面の前に座って、防犯カメラで撮影している映像を常に監視でもしない限り、リアルタイムで映像を見ることはできません。

一方、スマホやタブレットに対応している防犯カメラの場合は、リアルタイムで映像を確認できます。
各端末から専用アプリを開けば、監視カメラで撮影している現場の映像が届くからです。

犯罪など万が一の事態が発生した場合に、少しでも早く気づいて対処できることは大きなメリットです。

外出先でも状況を確認できる

スマホやタブレットに対応している防犯カメラを活用することで、電波の届く場所であればどこからでも現場の状況を確認できます。
出張で地方にいても、旅行で海外にいても、スマホやタブレットを使用するだけでいいからです。

不測の事態の際に、自分が現場に向かうことができなくとも、警備会社や警察に連絡してすぐに対処してもらうことができます。

スマホやタブレットに対応!おすすめ防犯カメラ3選

スマホやタブレットに対応しているカメラで特におすすめの防犯カメラをいくつかご紹介します。

エルモ QBiC CLOUD

製品詳細および購入ページ

天井や置き型で簡単に設置できる屋内カメラです。
クラウド上に撮影したデータを保存できるため、スマホやタブレット、パソコンから映像を閲覧できます。

エルモ QBiC CLOUDは、映像の確認作業も効率化してくれます。
「現場で動きのあった時間帯だけ」録画を行う設定ができるからです。
通常なら、稼働した時間すべての映像を録画するため、確認の作業にも手間がかかってしまいます。
しかし、「動体検知」「音声検知」「明るさ検知」といった機能を活かして、現場に動きのあった場合のみに通知や録画を行うことが可能です。

また、1画面で最大32台のカメラを表示できます。
大規模な店舗や事務所、広い工場などで、多数のカメラを設置する必要がある場合にも対応できるでしょう。

カメラ本体には3年間の保証期間が設けられているため、長期間の使用にも対応しています。

カメチョ WCP-03AI

製品詳細および購入ページ

カメチョ WCP-03AIは、3軸回転機構で周囲のエリアを隅々まで撮影できます。
エルモ QBiC CLOUD同様に、クラウド上に撮影データを保存できるカメラです。

一番の特徴は、高セキュリティでデータを保存できる点で、「Tier4クラス」のデータセンターを利用しています。
Tierは、データセンターの品質を1から4の段階で評価しており、その中で、最高ランクの環境を用意しています。

犯罪発生時にカメラ本体の破壊やレコーダーの強奪といった被害に遭ったとしても、データをクラウド上に最大90日間保管できるため、徹底的瞬間を逃しません。

また、「死活監視機能」を搭載しています。
これは、カメラやネットワークに異常のあった場合にメール通知してくれるシステムです。
カメラやネットワークの異常でうまく録画できない事態を防いでくれます。

TP-Link Kasa

Amazon

AmazonのAlexa(アレクサ)の公式認証を得ているネットワークカメラです。
音声操作でEcho Show、Echo Show5、Echo Spotの画面に映像を映せます。

高画質のフルHD 1080pで、暗闇でも6m先までクリアな映像を録画することが可能です。
不審者や犯罪者の顔をしっかりと映してくれるでしょう。
360°回転式のマウントプレート、130°の広角レンズで幅広い範囲をカバーしてくれます。

さらに、カメラから相互通話も可能で、家族や友達とのコミュニケーションまでできる優れものです。

セットアップの際には、「TP-Link Kasa」のアプリをスマホでダウンロードして、カメラの電源を入れましょう。
アプリ内で「Kasaカメラ」を選んで、Echo Show、Echo Spotなどと接続すれば完了です。

iPhoneやAndroid対応のアプリが充実している

前述のカメラに対応したアプリには、下記のようなものがあり、充実したサービスを受けることが可能です。

その他にも、それぞれのOSに対応したアプリが充実しています。

iPhone対応のアプリでは、「Ivideon 監視カメラ」「セキュカム – 動体検知監視カメラ」「ペットみるん」などがあります。
Android対応のアプリでは、「At Home Camera」「Mission Scope」「スマホdeみまもり」などがあります。

防犯カメラやアプリを選ぶ際、参考にしてみてください。

スマホやタブレットを使って防犯対策を!

スマホやタブレット対応のカメラを利用する特徴や防犯カメラについてご紹介してきました。
例えばご家庭では、子供や年配者の見守り、外出時の防犯などで有効活用できます。

リアルタイム・外出先で確認できる防犯カメラを設置しておけば、旅行や出張時にも安心です。
万が一、犯罪や事故が起こった場合には、警備会社や警察に対処してもらいましょう。
対処が間に合わなくとも、クラウド上に映像を保管しておくことで、早急な事件解決に結びつくはずです。