無料相談する

防犯カメラの耐用年数は?長く運用するためのポイントも解説

防犯抑制やマーケティング施策など、さまざまな目的で防犯カメラが利用されています。街中やオフィス、マンションだけでなく、個人宅に防犯カメラを設置するケースも増えてきました。

防犯カメラには耐用年数が定められているものの、実際の寿命がどのくらいなのか気になるのではないでしょうか。

本記事では、防犯カメラの耐用年数や実際の耐久年数、寿命を長くするためのポイントなどを紹介します。

防犯カメラをどれだけ運用できるか知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

防犯カメラの耐用年数は利用目的によって違う

防犯カメラの耐用年数は、下記表のように利用目的によって異なります

耐用年数
監視・防犯目的 6年
災害の報知目的 8年
災害の報知・監視目的以外 5年

監視や防犯目的で防犯カメラを設置した場合、『事務機器および通信機器』とみなされて耐用年数が6年に定められます。多くの防犯カメラは、耐用年数が6年となるでしょう。

火災をはじめとした災害の報知目的だと『災害報知設備』に該当するため、防犯カメラの耐用年数は8年です。マーケティング目的など災害の報知・監視目的以外で防犯カメラを利用する際は『光学機器』、つまり普通のカメラに含まれて耐用年数は5年に下がります。

ただし、防犯カメラの耐用年数は絶対ではないため、正確に知りたい場合は税務署や税理士へ確認してもらいましょう。

防犯カメラの実際の耐久年数は?

防犯カメラの実際の耐久年数は、「5年~7年」に設定しているメーカーが多いです。

国税庁によって防犯カメラの耐用年数は定められていますが、耐用年数はあくまでも法律で決めた基準で実際の寿命ではありません。耐用年数以上運用できている防犯カメラがあれば、2~3年程で寿命がくることも。

また、防犯カメラは5年に一度安くて高性能なものが販売される傾向があるため、防犯カメラの寿命が5年~7年といわれています。

リース契約の防犯カメラなら耐久年数をほぼ気にしなくていい

購入した防犯カメラは、耐久年数が近づいてきた頃合いで買い替えを検討するなど、色々と考えることがあります。

しかし、月額制で導入できる「リース契約をした防犯カメラ」は貸出期間を自由に設定できます。貸出期間が過ぎたあとは、再契約すると新しい防犯カメラをレンタルできる仕組みです。

そのため、レンタル期間を5~6年に設定すれば、防犯カメラの耐久年数をほとんど気にする必要はないでしょう。

「工事現場など防犯カメラの運用期間が決まっている」「防犯カメラの耐久年数がどうしても気になる」といった場合は、リース契約の防犯カメラの利用を検討してみてください。

ちなみに、防犯カメラのリース契約とレンタルには違いがあります。以下の記事ではリースとレンタルの違いや各契約方法のメリットを紹介しているため、気になった人はこちらも合わせてご覧ください。

防犯カメラ・監視カメラにおける「リースとレンタルの違い」とその「メリット」

防犯カメラの寿命を長くするためのポイント

防犯カメラの寿命は5年~7年に設定しているメーカーが多いものの、雑に扱えばすぐに寿命が尽きてしまいます。できるだけ長く防犯カメラを運用するためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 適した環境に防犯カメラを設置する
  • 専門業者に防犯カメラを取り付けてもらう
  • 定期的にメンテナンスを実施する

では、各ポイントの詳細について、順に見ていきましょう。

適した環境に防犯カメラを設置する

防犯カメラは精密機械です。
いくら防水・防塵機能が搭載されていたとしても、「悪天候に晒される場所」や「気温の変化が激しい場所」などに防犯カメラを設置してしまうと、劣化を早める原因となり寿命が短くなります。

見た目に変化がなくても、防犯カメラが故障しているケースは決して珍しくありません。

雨や太陽に直接あたらないような屋根がついている箇所に設置するなど、防犯カメラに適した環境に設置することを心掛けましょう。

専門業者に防犯カメラを取り付けてもらう

専門業者に防犯カメラを取り付けてもらうことも、長く運用するうえで大切です。

先ほども伝えたように、防犯カメラは精密機械なため、ちょっとしたことでも寿命を縮めかねません。例えば、取り付けが甘くて雨水が防犯カメラ内に侵入してしまうと、すぐに故障してしまいます。

防犯カメラを設置する時は、取り付けの不備がないようにするために、実績のある信用できる専門業者への依頼がおすすめです。

定期的にメンテナンスを実施する

どれだけ良い場所に防犯カメラを設置しても、専門業者に依頼して完璧に取り付けてもらっても、年月が過ぎれば必ず劣化していきます。この劣化を少しでも遅らせるためにも、定期的なメンテナンスは必須です。

メンテナンスを行うことで防犯カメラの寿命が延びることはもちろん、撮影角度の調整も同時に行えます。

手間はかかりますが、長期間防犯カメラを運用したいのであれば、定期的にメンテナンスしておくことをおすすめします。特にメンテナンスすべき箇所は、以下の3つです。

  • 防犯カメラ本体
  • ケーブル
  • レコーダー

防犯カメラ本体やレンズが汚れていると、撮影に支障をきたしてしまいます。また、ケーブルに傷や接続部分のゆるみがあった場合、映像が映りません。レコーダーも不具合で正常に記録できていなければ、目的の映像にたどり着くまでに時間がかかります。

掃除でホコリや汚れをとりながら、同時に「防犯カメラ本体」「ケーブル」「レコーダー」の3つに異常がないかチェックしてみてください。より確実に防犯カメラの状態を確認したいなら、一度専門業者に相談しましょう。

防犯カメラは耐用年数に合わせて買い替えるべき?

防犯カメラを買い替えるタイミングは、耐用年数に合わせなくても特に問題ありません。以下のような時に防犯カメラを買い替えるといいでしょう。

  • 防犯カメラ内で不具合が発生した時
  • より高性能の防犯カメラが必要となった時
  • 防犯カメラのリース期間が終了した時
  • メンテナンス費・ランニングコストが高いと感じ始めた時

何度もメンテナンスを繰り返して不具合の発生頻度が増えてきたら、防犯カメラの買い替えを検討するといいでしょう。もちろん、耐用年数に合わせて高性能の防犯カメラにすることも手段のひとつです。

「買い替えの合図が出ているものの、防犯カメラを変えるべきか悩んでいる」といった人は、一度防犯カメラの専門業者に確認してもらいましょう。

防犯カメラを買い替えるタイミングや最新の防犯カメラについては、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

防犯カメラの買い替え時期と検討するべき人とは?

防犯カメラの耐用年数と実際の寿命は異なる

今回は、防犯カメラの耐用年数や実際の耐久年数、寿命を長くするためのポイントなどを紹介しました。

防犯カメラの耐用年数は利用目的によって異なります。監視・防犯目的なら「6年」、火災といった災害の報知目的ならば「8年」、マーケティングなどのその他目的なら「5年」です。

ただし、耐用年数はあくまでも‟資産価値の期間”として定めただけで、防犯カメラ本来の寿命ではありません。実際の寿命はメーカーごとに独自設定しており、「5年~7年」が多いです。

長期間防犯カメラを利用し続けるには、定期的なメンテナンスが欠かせません。特に防犯カメラ本体やケーブル・配線などはしっかり確認してもらうことをおすすめします。

耐用年数に合わせて防犯カメラを交換する手段もひとつの手ですが、必ず耐用年数が過ぎると買い替える必要はありません。防犯カメラ内で不具合が発生したり、高性能な防犯カメラが欲しくなったりした時などに検討するといいでしょう。

より細かく防犯カメラのメンテナンスをしたい場合は、ぜひ「カメチョ」にお問い合わせください。専門業者が隅々まで防犯カメラを点検しつつ、導入目的に沿った最適な最新防犯カメラの提案もさせていただきます。

相談は無料で承っているため、まずはお気軽にご連絡ください。

>>カメチョの無料相談はこちら