防犯カメラ・監視カメラ用語集

防犯カメラや監視カメラの導入を考えている方に向けて専門用語の解説です。
ご自宅やオフィス、店舗などに防犯カメラ、監視カメラ、ネットワークカメラを導入する際にぶつかる疑問を解決するべく、「カメチョ」では専門用語を、分かりやすさを意識して解説いたしますので比較検討時の知識としてお役立てください。

ウェアラブルカメラ

英語表記:Wearable Camera(Body-worn Camera)
読み:ウェアラブルカメラ

ウェアラブルカメラとは、直訳すると着用することが出来るカメラという意味であり、身体に装着して使うカメラの総称である。日本国内においてはGoogle社のGoogle Glass(グーグルグラス)が発表された2013年前後を皮切りに使われ始めた言葉で、2015年の東京マラソンにおける「ランニングポリス」が監視カメラを装着して警備を行ったこともあり一般的に有名になった。身体に装着して使用する監視カメラとしては、頭部(こめかみ部分)などに装着する筒型の形状のものを「ウェアラブルカメラ」ということが多く、警備員が胸などにクリップでつける薄い箱型の形状のカメラは「身体装着型カメラ(Body-worn Camera)」と呼ばれることが多い。