防犯カメラ・監視カメラ用語集

防犯カメラや監視カメラの導入を考えている方に向けて専門用語の解説です。
ご自宅やオフィス、店舗などに防犯カメラ、監視カメラ、ネットワークカメラを導入する際にぶつかる疑問を解決するべく、「カメチョ」では専門用語を、分かりやすさを意識して解説いたしますので比較検討時の知識としてお役立てください。

PoE給電

英語表記:power-over-ethernet
読み:ピー・オー・イー(パワー・オーバー・イーサネット)きゅうでん

PoE/PoE給電とは、イーサネットで利用されるケーブル(LANケーブル)を用いて、接続したネットワーク機器(電話機や無線LANルータ、ネットワークカメラなど)に給電をする機能です。給電を行うためには、専用のPoE給電ハブが必要になります(PoE給電対応ハブを通常のネットワークハブとして利用することも可能)。給電できる電力の違いからPoE(IEEE802.3af)とPoE+(IEEE802.3at)という2つの規格がある点に注意が必要である。

netgear-gs108pe

PoE/PoE+対応のネットワークハブには給電機能に対応したことを示すための黄色い目印が付いている場合が多い(写真はネットギア社のネットワークハブ、AC電源ケーブルを繋ぐコネクタは裏側にある)。

PoEの規格による違い

PoE
(IEEE802.3af)
PoE+
(IEEE802.3at)
最大給電能力 15.4W 30W
対応LANケーブル Cat(カテゴリ)5c以上 Cat5e以上
備考 PoE対応機器にも給電可能