無料相談する

wifi(ワイヤレス)防犯カメラの落とし穴!プロが無線よりLAN配線を勧める理由とは?

最近では、「配線や配管の見た目が良くない」「余計な工事費用が発生する」「壁に穴を開けたくない」といった理由でwifi(ワイヤレス)防犯カメラを選ぼうとする方が増えています。
しかし、安直な理由でwifi(ワイヤレス)防犯カメラを選ぶと、後々とんでもない事態を招いてしまうかもしれません。

今回は、wifi(ワイヤレス)防犯カメラの特徴や注意点について詳しく解説します。

wifi(ワイヤレス)防犯カメラとは

通信技術の発達により、wifi(ワイヤレス)の防犯カメラが商品として増えてきました。

wifi(ワイヤレス)防犯カメラは、その名の通り、カメラ本体に配線を行う必要がありません。
配線の代わりに電波で、録画した映像データの保存や本体の操作を行います。

配線が不要であるため、設置工事も比較的簡単です。
電源さえ確保できれば、「壁に穴を空けて、配線する」といった工数を省けます。その分、工事費も抑えることが可能です。

また、カメラによりますが、撮影したデータをクラウド上に保存して、スマホやタブレットなどでタイムリーかつ遠距離からでも映像を確認できます。
撮影している現場の状況をすぐに確認し、状況に応じて対処できることが特徴です。

wifi(ワイヤレス)防犯カメラのデメリット

メリットもあるwifi(ワイヤレス)防犯カメラですが、カメラのプロの視点からだと、あまりおすすめできないのも事実です。
「どうしても配線の難しい場所で仕方なく・・・」といった場面で使うのが一般的です。

その理由について、wifi(ワイヤレス)防犯カメラのデメリットを交えて解説します。

デメリット① 電波の受信が不安定

wifi(ワイヤレス)防犯カメラで利用する電波の周波数は2.4GHzで、多種多様な家電製品や電子機器などで利用されている周波数です。
そのため、他の電波機器からの干渉を受けやすくなっています。

例えば、カラオケのマイクは、電波でカラオケ本体とつながっています。
しかし、カラオケボックス内で他の電波機器を使用したり、壁や机で電波を遮られるとマイクと本体がつながりにくくなってしまいます。

その他にも、2.4GHzの周波数は、電子レンジや無線キーボード、マウス、Bluetoothなどと干渉してしまいます。

こういった理由から、wifiルーターとカメラ本体の間に障害物や壁などがあると、電波が届かない可能性があります。
特に、コンクリートやヘーベル材などの壁をまたぐと、電波を遮断されてしまうことがデメリットです。

スマホの動画コンテンツが、通信速度の低下で画質がぼやけてしまうのと同様に、電波が届いていても通信速度が落ちれば、画質も荒くなってしまいます。

デメリット② wifiジャミングの影響を受ける

wifi(ワイヤレス)防犯カメラは、ジャミング装置の影響を受けてしまいます。
ジャミング装置とは、秋葉原などで一般向けに1~5万円ほどで販売されている電波妨害装置のことです。

通常は、試験のカンニング防止、病院の精密機器の保護、研究所の情報流出防止などの目的で利用されていますが、ジャミング装置を悪用して、空き巣などに手を染める犯罪者もいます。
例えば、ジャミング装置で半径20~30m圏内の電波機器を妨害し、wifi(ワイヤレス)防犯カメラの機能を強制停止させ、犯行におよびます。

このように、wifi(ワイヤレス)防犯カメラでの撮影を無効化される恐れがあります。

デメリット③ 故障箇所がわかりにくい

wifi(ワイヤレス)防犯カメラが故障した際、原因を突き止めるのに時間を要することがあります。
なぜなら、カメラとレコーダーの間にルーターが入るため、接続が切断されて、故障箇所が分かりにくくなってしまうからです。

特に、ネットショップなどで安価で販売されているwifi(ワイヤレス)防犯カメラは、原因の追究が難しいと言われています。
どうしてもwifi(ワイヤレス)防犯カメラを導入したいなら、メーカーブランドのある商品を選んだ方が良いでしょう。

デメリット④ 配線・配管は結局必要になる

「見栄えを良くする」「壁に穴を空けない」といった目的で、wifi(ワイヤレス)防犯カメラを選ぶ方もいるでしょう。

しかし、配線や配管が必要になるケースがあります。
wifi(ワイヤレス)と言っても、カメラを起動させるための電源を確保する必要があり、すぐ近くに電源が無ければ、配線が必要だからです。
例えば、AC100Vの電力を供給するための配線の場合は、壁伝いに配管を使うこととなります。

どうしてもwifi(ワイヤレス)防犯カメラをしたいなら

こういったwifi(ワイヤレス)防犯カメラの設置をどうしても希望するなら、以下のような場所への設置をおすすめします。

  • 物理的に配線が不可能な場所
  • 工場や駐車場で500m以上の直線空間を確保できる場所

物理的に配線が不可能な場所には、wifi(ワイヤレス)防犯カメラで対応した方がいいかもしれません。

しかし、前述の通り、電源の確保は必須です。
「ソーラーパネルなどで電力を供給する」といった方法では、カメラの高い消費電力をまかなうことは難しいでしょう。

工場や駐車場で500m以上の直線空間を確保できる場所では、送信側と受信側のアンテナを設置することで、wifiを飛ばすことができます。
録画を送信側で行い、信号の転送するため、ジャミング装置にも対応できます。
ただし、500m以上の直線空間を確保する必要があるだけでなく、アンテナの設置を別途行わなければなりません。

このようにwifi(ワイヤレス)防犯カメラを活用できる場所は、限られています。
余程の理由のない限り、無理にwifi(ワイヤレス)の防犯カメラを選ぶことは避けた方が望ましいと言えるでしょう。

注意点を押さえてwifi(ワイヤレス)防犯カメラを設置しよう

wifi(ワイヤレス)防犯カメラの特徴やデメリットについて解説してきました。

ジャミング装置や接続のトラブルにより、wifi(ワイヤレス)防犯カメラ自体が作動しない恐れもあります。
こういった状況から設置自体、あまりおすすめできません。
wifi(ワイヤレス)の防犯カメラを設置するとしても、注意点を押さえておきましょう。

いくら見栄えの良さや設置の手軽さがあっても、「防犯」や「見守り」といった本来の目的を達成できなければ、防犯カメラとして機能していないことに等しいです。
必要な配線や配管を行った上で、万が一の事態に備えておきましょう。