無料相談する

防犯カメラで音声を記録する方法とは?録音データの活用方法や注意点も解説

防犯カメラは映像を記録することができ、犯罪防止・犯人特定や店舗の管理などに役立つアイテムです。

防犯を主な目的として活用されている防犯カメラですが、音声機能付きのカメラを使うことで防犯の要素だけでなく、業務効率改善やトラブル防止といった視点で役立つ場面も多く、音声付きの防犯カメラを求めるニーズが増えています。
例えば、飲食店であればお客様との会話の様子をが確認できたり、厨房での様子などをよりチェックすることができます。

今回は、防犯カメラで音声を記録する方法から、録音データの活用方法や注意点などについてご紹介します。

防犯カメラで音声を記録する方法

まずは、防犯カメラで音声を記録する方法を紹介します。

基本的に防犯カメラは、音声付と音声なしのカメラに分かれているため、音声希望の場合は購入時にその機能がついているかチェックする必要があります。
防犯カメラで映像+音声を記録したい場合、以下のような方法を導入しましょう。

  • マイク機能付きの防犯カメラを使う ★推奨
  • 別売りの集音マイクを購入して取り付ける
  • 専門業者に依頼する

マイク機能付きの防犯カメラを使う

1つ目の方法は、マイク機能付きの防犯カメラを使うことです。
マイク機能が付いている防犯カメラを購入することで、別で付け加える必要もなく手間もかからないので、設置はスムーズでしょう。

ただし、内臓のマイクといってもそもそも防犯カメラは防犯目的で作られているものなので、精密な収音マイクが付いた防犯カメラは少ないです。
周囲の雑音を拾いやすくなっているため、精度の高い音声を記録するためには、別売りのマイクを取り付ける必要があります。

別売りの集音マイクを購入して取り付ける

2つ目は、別売りの集音マイクを購入する方法です。
集音マイクは防犯カメラ本体の費用と比べてそこまで高くないので、お手持ちの防犯カメラに、マイク機能を手軽に付加することができます。

屋内と屋外で使える集音マイクが異なるため、導入時には気をつけてください。

専門業者に依頼する

3つ目は、専門の業者に依頼する方法です。

マイク付き防犯カメラを購入するか、集音マイクを別で購入して設置するか、迷ったら防犯カメラに詳しい専門の業者に相談されることをおすすめします。
防犯カメラの設置場所や使用目的などから、適切な方法やアイテムをアドバイスをしてくれるでしょう。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口

防犯カメラで記録した音声の活用方法

続いて、防犯カメラで録音した音声の活用方法です。

音声の活用方法としては主に3つあります。

  • 接客の管理
  • 社内環境改善

接客の管理

音声機能付き防犯カメラを飲食店に設置することで、お客様と店員の会話を管理することができます。
従業員がしっかり対応しているかを管理し、従業員の接客を向上させることができ、マニュアルの改善にも役立ちます。

また、接客をリアルタイムで監視できるので、従業員がお客様と言い争いに発展しそうなやり取りがあった場合にはすぐに対応することができ、トラブルを未然に防ぐことも可能です。

社内環境改善

オフィス内に音声機能付き防犯カメラを設置することによって、社内環境の改善につながるケースもございます。
例えばモラハラ、パワハラといった問題が起きた時に確認することも可能です。日常でなにかトラブルが起きた時も証拠もなく疑われるというような可能性は低くなるため、お互いが安心して働ける環境づくりにもつながるという声も多くございます。

防犯カメラで音声を記録するときの注意点

音声録音機能があると便利ですが、同時に注意すべきことも知っておきましょう。

雑音が入りやすい

マイクは周囲の雑音も拾ってしまうため、防犯カメラを設置する場所によっては注意が必要です。

屋外の交通量の多い道路に面している場所や、人通りの多い商店街の近くなどに設置している場合、雑音が入ることで特定の声や会話まではっきりと録音できないことがあります。
屋内の場合でも、チャイムや館内アナウンスが雑音として記録されることがあります。

設置する場所や周囲の雑音の大きさなどについて、専門業者に確認しておくといいでしょう。

個人のプライバシーに配慮する

個人のプライバシーに配慮しなければなりません。

マイク機能付き防犯カメラを使う場合、顔の画像と声のデータが記録されます。
この2つは個人情報にあたり、取り扱い方法によってはプライバシーの侵害にあたる場合があります。

個人情報保護法の観点から、防犯カメラの設置に関して、過去に裁判所から損害賠償の支払いを命じられたケースもあるため、注意が必要です。

防犯カメラ×音声記録の事例

最後に、防犯カメラに音声機能を付加した設置事例を紹介します。

音にこだわったジャズバーでの設置例

まずは、実際にカメチョで防犯カメラ設置のご相談を受けたピアノがあるレストランでの事例です。

レストランを複数経営しているクライアント様から、それぞれのお店の様子が分かるように防犯カメラを導入したいと依頼を受けました。
依頼は、「レストラン内ではピアノを弾いているので、ピアノの音を拾えるようにして欲しい」との内容でした。

そこで、一般的な音声機能だけでなく、特別な集音機能を追加して、高音質の音を確認できるようにしました。

【参考】ジャズバーでの設置例 – カメチョ

トラブル防止のためのコンビニでの設置例

コンビニのレジでは、特に金銭のやり取りにおいてトラブルが発生しがちです。
お客様と店員の会話をカメラで録音することで、「言った・言ってない」のトラブルを未然に防ぐことができます。

また、トラブルが起きた場合でも、会話を確認しやすいのでトラブル解決に役立ちます。

その他、新人店員の言葉遣いなど、接客やオペレーションの改善にも役立てることが可能です。

【参考】コンビニでの設置例 – 高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

防犯カメラで音声記録するなら専門の業者に問い合わせよう

今回は、防犯カメラで映像だけでなく音声を記録をする方法や注意点、活用方法について紹介しました。

音声記録は犯人特定やトラブル防止に非常に役に立ちます。

マイク付き防犯カメラの設置を検討している方は、専門の業者に問い合わせてみることをおすすめします。
専門業者の意見を聞くことで、防犯カメラの設置を具体化することができるはずです。

カメチョでは、クライアント様の要望に合わせて防犯カメラをカスタマイズすることが可能です。
ぜひお気軽にご相談くださいませ。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。