個人宅に安易にネットワークカメラを導入して後悔する最悪のシナリオ

ネットワークカメラで大失敗

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

こんにちは。カメチョ編集部です。自宅の監視カメラとして導入されることが多いネットワークカメラですが、今回はその導入のリスクについてご説明したいと思います。
自宅にネットワークカメラを設置している人でも、自分に限ってそんな被害にあうことは無いだろう、と考えがちです。そんな風に高を括っていると本当にひどい目にあうことになりますので注意してください。
ネットワークカメラ(IPカメラ)は2013年の国内の出荷台数ベースでアナログカメラの台数を逆転しおり、企業用の利用以外のほか、一般家庭でもアジアメーカー低価格商品の普及やスマートフォンと簡単に連動できるネットワークカメラの登場によって普及が進んでいます。一方、ネットワークセキュリティのリテラシーについては一般家庭には普及していないのが現状です。

セキュリティ管理を怠ったAさんの例

愛犬大好きAさん
悪意のある第三者がどのように行動するかについて解説します。登場人物は自宅にネットワークカメラを導入するAさんと攻撃者Bの二人です。

ペットを監視し始めたAさん

一人暮らしのAさんは自宅のペット(犬)を外出時にも監視できるようにネットワークカメラの導入を考え。カメラの角度を遠隔操作してペットの様子を確認できるタイプの防犯カメラを購入し設置しました。対応アプリで外出先からスマートフォンで愛犬の状態が確認できるのでAさんはとても満足です。

しかし、Aさんはネットワークカメラのパスワードを初期状態のまま変更していませんでした。

ここで登場するのが悪意のある攻撃者Bです。BはAさんが購入した防犯カメラのIDの付与方式に規則性を見つけて手当たり次第に不正ログインが出来るカメラを探索していました。デフォルトのパスワードをはじめ、推測しやすいパスワードを複数試すプログラムを開発していたのです。

誰にも気づかれずに進入する攻撃者B

こうしてAさんのカメラが初期状態のパスワードのままになっているのを見つけた攻撃者Bはまんまとネットワークカメラの管理画面にログインします。このときにはAさんはBさんが不正ログインを行ったことには全く気づいていません。せめて、システムで過去のログイン履歴が分かるようになっていればAさんも気づけたかも知れませんが、残念ながら市販されている多くのネットワークカメラにはログを管理する機能が無いのが実情です。

高精細なカメラの機能があだになることも

ネットワークに侵入(ハッキング)した攻撃者BはAさんになりすまし、Aさんの盗撮をはじめます。さらにこのとき、氏名や住所などの個人情報がカメラ画像経由で判明してしまっていました。ハイビジョンでの録画が出来る高性能のネットワークカメラでは、書類等に記載してある文字情報もある程度認識できるのです。

脅迫を受ける事態に発展

1ヵ月後、Aさんは攻撃者Bから脅迫を受けます。Aさんのメールアドレス宛に攻撃者Bから盗撮した動画を添付したメールが届きます本文にはAさんの個人情報が記載されていました。攻撃者Bはメッセージで金銭を要求してきました。警察に連絡した場合には記録した画像や個人情報、動画をネット上に公開するという一文が添えられていました。Aさんは驚きつつも仕方なくBに金銭を支払う羽目になりました。

防犯カメラの設置や導入にはセキュリティを意識する必要があります。あまり詳しく無いという方はプロに相談した上で導入してもらうことをオススメします。本サイトでは無料で防犯カメラ設置のご相談をしていただけます。ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

まとめ

いかがでしたか?今回はネットワークカメラのパスワードを初期状態で利用している場合の不正ログインでしたが、他のサービスで利用しているパスワードと同一のものを使用しておりそれが漏れる場合、カメラを無線Wi-Fiで接続していてその暗号化や認証方式が破られる場合、そもそも遠隔監視アプリをインストールしているスマートフォンを落としてしまった場合(無事警察に届けられていても、中の情報だけ抜き取られていることもあります)、ウィルスに感染した同一ネットワーク内パソコンから進入される場合、などなど枚挙に暇がありません。
上記の例のように金銭の支払いで解決する場合も有りますが、最悪のケースでは、漏れた個人情報から空き巣に入られ場合もあるでしょう。

最低限守って欲しい「ネットワークカメラを安全に使う4か条」は下記の通りです。

  • メーカーのセキュリティソフトを最新のものにアップデートさせておく
  • カメラの接続パスワード(と可能であればユーザーIDも)初期設定のものから変更する
  • パスワードを他サービスのものと使いまわししない
  • 信用できるダイナミックDNSサービスを利用する(IPアドレス参照で外部からカメラに接続する場合)

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。