無料相談する

監視カメラを導入する必要性やメリットは?|導入事例やポイント、流れを解説

「監視カメラを導入するときのポイントは?」
「監視カメラを導入するまでの流れを知りたい」

監視カメラの導入を検討しているものの、このようなことを悩んでいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、監視カメラを導入する際のポイントや流れなどをご紹介します。

万全を期して監視カメラを導入したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

監視カメラを導入する必要性・メリット

監視カメラは、犯罪を未然に防いだり事件の状況を確認したりなど、あらゆる用途で必要不可欠です。

近年は監視カメラの需要が高まっており、街や商業施設だけでなく、痴漢・えん罪防止目的で電車内に監視カメラの導入も始まっています。

また、映像を記録・確認できる特性を生かして、社員の行動監視やマーケティング目的で監視カメラを導入する企業も徐々に増えています。

このように犯罪抑制や状況確認、マーケティング活動などの観点から、監視カメラの導入は必要です。

監視カメラの導入事例

ここでは、監視カメラの導入事例を紹介しています。

導入した理由や成功例を参考に、自社でも監視カメラを導入するかを検討してみてください。

セキュリティ向上と社内管理を両立

システム開発や販売などの事業を行なっている株式会社シノプスは、オフィスに人の出入りが増えたことによるセキュリティ面の心配や、夜間業務で社員の安全を確認したいと考え、監視カメラの導入を決意しました。

監視カメラを導入した結果、不審者のけん制はもちろん、社員の安心感にもつながったそうです。

スタッフの業務風景の「見える化」に成功

『お客様と実際に対面で話しているように対応していけるか』という課題をもったコールセンターは、各拠点のスタッフの電話対応をチェックできるように監視カメラを導入しました。

監視カメラを導入した結果、コールセンターは業務風景の『見える化』に成功。現場スタッフの電話対応の様子を新人に見せるなど、新人教育にも活用しており、課題解決のキッカケにしています。

情報漏えいのリスク軽減に成功

書類の紛失といった問題が発生したウェブ制作会社は、スタッフの不正抑止をするために監視カメラを導入しました。

監視カメラを導入して1年半がたったころには、スタッフにコンプライアンスの意識が高まったことを感じ、情報漏えいのリスクが軽減したようです。

監視カメラを導入するまでの流れ

監視カメラを導入するまでの流れは、基本的に以下の手順通りです。

  1. 監視カメラの導入目的を確立する
  2. 監視カメラの設置場所をある程度決める
  3. 監視カメラの機種や設置場所などを業者に相談する

あとは、各業者の流れに沿って監視カメラの導入作業を進めます。

導入目的を社内で統一していないと、社員とのトラブルが発生する原因になりかねません。また、設置場所をある程度決めておけば、スムーズに監視カメラを導入できます。

監視カメラの機種や細かい設置場所に関しては、業者に相談した方が早いです。設置など難しいことは、プロに任せましょう。

ちなみに、監視カメラを導入できるまでにかかる時間は、1週間~2週間程度です。

>>監視カメラの相談はカメチョへ

監視カメラを導入する際のポイント

監視カメラの導入を決めた場合、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 監視カメラシステムの種類を決める
  • 監視カメラのシステム構成を決める
  • 導入する監視カメラの種類を決める
  • 導入する監視カメラの性能を決める

これらのポイントは、監視カメラの導入目的を達成するうえで重要なことばかりです。

では、各ポイントの詳細を順に見ていきましょう。

監視カメラシステムの種類を決める

監視カメラシステムは大きく『アナログカメラ』『ネットワークカメラ』に分類できます。

アナログカメラ

アナログカメラは、2~3本のケーブルで監視カメラとモニターなどを接続するシステムのことです。

システムの仕様上インフラに依存しないため、映像の途切れがほとんどなく、安定した録画ができます。また、性能がシンプルがゆえに監視カメラを低価格で購入できる点も魅力的です。

ただ、画質の低い監視カメラが多く、全てケーブルでつなぐため導入コストが高くなりやすいデメリットがあります。

工事現場など、期間限定で大まかに監視したいときにアナログカメラは有効です。

ネットワークカメラ

ネットワークカメラは、Wi-Fi経由で監視カメラとモニターなどを接続するシステムのことです。アナログカメラと違ってケーブルは1本で済みます。最近は、ケーブルが不要で利用できる無線LAN対応の監視カメラも増えています。

ネットワークカメラのメリットは、ネットさえつながっていれば、どこにいても監視カメラの映像を確認できる点です。また、1台のモニターで複数の監視カメラを簡単に同時管理できます。

デメリットは、やはりインフラの影響をじかに受けることでしょう。インターネット回線が悪くなれば、監視カメラの映像が乱れたり撮影できていなかったりする恐れがあります。

ネットワークカメラは画質がよく長時間ずっと録画できるため、商業施設や事務所などの設置に向いています。

監視カメラのシステム構成を決める

監視カメラのシステム構成は、主に『オンプレミス』『クラウド』の2種類です。

『オンプレミス』は録画レコーダーを自分で導入するシステム構成のことで、カスタマイズ性にたけている分導入コストがかかります。また、定期的にメンテナンスは必要ですが、ランニングコストは基本的にかかりません。

一方の『クラウド』は、録画サービスを契約するシステム構成のことです。ランニングコストが発生するものの、導入コストが安く数分で利用できます。

自社のみを監視対象とするなら『オンプレミス』、他拠点も一緒に監視したいなら『クラウド』がおすすめです。

導入する監視カメラの種類を決める

内容
ボックス型 一般的な監視カメラ。見慣れた形状で目立ちやすいため、防犯抑制目的によく利用されています。防水・防じん機能のない機種もあり、主に店舗やマンション内に導入されることが多いです。
バレット型 ボックス型カメラの派生版。「ハウジング」という保護ケースがかぶさっており、防水・防じん機能や温度変化を防げます。ボックス型と違い、屋外に導入されています。
ドーム型 ドーム状のケースに入っている監視カメラ。監視場所の分かりにくく、屋内外を問わず利用できる汎用性の広さが魅力的です。目立ちにくい形状なため、オフィスやエントランスなどによく導入されています。
PTZカメラ レンズを遠隔操作できる監視カメラ。状況に応じてレンズの向きを上下左右で自由に調整でき、ズームイン・アウトも可能です。主に商業施設に導入されています。
全方位型 360°撮影できる監視カメラ。ほぼ死角がないため、監視カメラの導入台数を抑えられます。商業施設施設内で混雑する場所に導入されているケースが多いです。

監視カメラには、ようにさまざまな種類があります。
代表的なのは、上記表に記載した5種類です。

設置場所や利用目的に合わせて、監視カメラの種類を決めましょう。

導入する監視カメラの性能を決める

内容
画質 映像の見やすさに直結します。平均は200万画素~400万画素ですが、対象人物の顔などを細かく確認したい場合は500万画素以上の監視カメラを選ぶといいでしょう。
フレームレート(fps) 1秒間に静止画を撮影する回数を表す単位。最低限の防犯目的なら3FPS~5FPS程度のカクカクした映像で十分ですが、『より鮮明に確認したい』『マーケティング目的で導入したい』という場合は、テレビと同等の30FPS程度に設定できる監視カメラを選びましょう。
耐久性能 屋外に監視カメラを導入する場合は、防水・防じん機能や耐衝撃性能が必須。防水・防じん機能は『IP』、耐衝撃性能は『IK』で表しており、それぞれ『IP66,67』『IK09,10』が主流です。
画角 撮影可能な範囲のこと。画角はレンズによって変化し、撮影範囲を広げたいなら『広角レンズ』、狭い撮影範囲で鮮明な映像を撮りたいなら『望遠レンズ』がおすすめです。視野角をカスタマイズできる『バリフォーカルレンズ』もあります。

監視カメラを導入する際は、導入目的に沿った性能のものを選びましょう。特に意識したい性能は、上記の4つです。

ほかにも、工事現場に導入する場合は夜間撮影ができるように『赤外線照射機能』や『ワイドダイナミックレンジ機能』を、撮影場所の声も記録したい場合は『音声録音機能』の利用を検討するといいでしょう。

目的に合わせて監視カメラを導入しよう

今回は、監視カメラを導入する際のポイントや流れなどをご紹介しました。

監視カメラは、犯罪抑制だけでなく、情報漏えいの防止やマーケティング活動など、さまざまな目的で導入されています。実際に監視カメラを導入している企業も多いです。

監視カメラを導入する際のポイントを押さえつつ、目的に合わせて監視カメラの導入を検討してみてください。

カメチョ」では、監視カメラの注文から導入までワンストップで行なっています。監視カメラに関する相談やおおよその導入見積りも無料で承っているので、まずはお気軽にお問い合わせください。

>>カメテョに無料相談する