宮城県の防犯カメラ・監視カメラの設置に活用できる補助金・助成金制度一覧(平成28年度/2016年度版)

「宮城県仙台市」の防犯カメラの設置に活用できる補助金・助成金制度

仙台市放課後児童健全育成事業補助金

 

制度名> 仙台市放課後児童健全育成事業補助金
申請期間等 随時(平成28年度中の申請は平成29年2月15日まで)
対象 次の要件を満たすもの。
(1)法及び本市基準条例に基づき、放課後児童健全育成事業を健全かつ円滑に実施できる団体又は個人。
(2)申請者が個人又は法人格のない団体の場合は、本人又は当該団体の代表者が本市の市税を滞納していないこと。
(3)申請者が法人である場合にあっては、法人の市民税及び事業所税に係る市長に対する申告(当該申告の義務を有する者に限る。)を行い、かつ、本市の市税を滞納していないこと。
(4)暴力団との関係を有していないこと。
補助金/助成金の別 補助金
限度額 事業運営費補助金等:月額5万~31万2千円(利用児童数/地区による)
設備整備費補助金:年額8万円
開設準備経費補助金:100万円
助成割合 限度額内であれば10
参考URL https://www.city.sendai.jp/kodomo-suishin/faq/kosodate/jido/kaisetujunbihozyokinkoubo.html

カメチョ的チェックポイント

平成 27 年4月に「児童福祉法」が一部改正されたことに伴って、放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)を行おうとする事業者は、市町村長へ届け出ることによって、放課後児童健全育成事業を行うことができ ることとなりました。仙台市ではこの国の方針に従って「仙台市放課後児童健全育成事業基準条例」を制定しており、施設の開設や運営に必要な支援を行うべく、補助金を支給しています。市の予算の限りであれば10割負担してくれるありがたい補助金制度です。一般的にこういった放課後クラブであれば防犯上の理由から監視カメラや父母などに状況を知らせるためのネットワークカメラの導入を行いたい団体もあるかと思いますので、是非ご検討ください。

仙台市地域安全安心まちづくり事業

 

制度名 仙台市地域安全安心まちづくり事業
申請期間等 例年5月上旬~下旬
対象 以下の要件を満たす団体。
・おおむね単位町内会の区域から小学校学区程度の範囲の地域において,自主的に結成された団体であること
・過去に当補助金を5回以上受給していないこと。
・特定の政治活動や宗教活動または営利を目的としていないこと。
・市税を完納していること。ただし,任意団体はこの限りではありません。
・暴力団等と関係を有していないこと。
補助金/助成金の別 補助金
限度額 新規申請:15万円、2~5回目:5万円
補助割合 限度額内であれば10
参考URL http://www.city.sendai.jp/shiminsekatsu/kurashi/anzen/anzen/machi/torikumi/boshu.html

カメチョ的チェックポイント

宮城県仙台市の安全安心まちづくり事業に関しては、基本的に通学路の安全点検や地域の防犯診断活動、公園の安全点検、防犯マップの作成などコミュニティを重視したものを推進する活動で補助金の限度額が比較的少ないのが現状です。とはいえ、「地域の犯罪の未然防止に寄与する活動」であれば防犯カメラ等も補助が受けられるので、設置費用の足しになるはずです。ちなみに、この補助金は同一の団体で年1回、合計5回まで受けることが出来るので、総計で35万円の補助額になるので、防犯ブザーなどの防犯設備を計画的に整備することにも繋がるでしょう。

「宮城県塩竈市」の防犯カメラの設置に活用できる補助金・助成金制度

塩竈市防犯協会助成金

 

制度名 塩竈市防犯協会助成金
申請期間等 指定なし
対象 次に掲げる団体が防犯運動に係る事業に要する費用。
(1) 塩竈市東部防犯協会
(2) 塩竈市西部防犯協会
(3) 塩竈市南部防犯協会
(4) 塩竈市北部防犯協会
(5) 塩竈市浦戸防犯協会
補助金/助成金の別 助成金
限度額 4万3000
補助割合 指定なし
参考URL http://www.city.shiogama.miyagi.jp/html/reiki_int/reiki_honbun/c204RG00000824.html

カメチョ的チェックポイント

塩竈市が指定する防犯協会が防犯活動を行う際に受けられる費用です。防犯協会として行う事業にしか補助金が交付されない上に、補助金の限度額も低いので用途は限られています。

「宮城県白石市」の防犯カメラの設置に活用できる補助金・助成金制度

白石市農林作物鳥獣被害防止対策事業補助金

 

制度名 白石市農林作物鳥獣被害防止対策事業補助金
申請期間等 随時
対象 農林作物の鳥獣被害を防止するために有効な資材等の購入に要する経費(電気柵および付帯設備、耐用性隔障物、忌避剤、その他有効と認められる資材)。
一申請あたりの事業費が5万円以上30万円以内であること。3年以内に同補助金を交付されていないこと。
補助金/助成金の別 補助金
限度額 10万円
補助割合 1/3 以内
参考URL http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/soshiki/25/1019.html

カメチョ的チェックポイント

白石市では鳥獣外防止の補助金がでていますので、トレイルカメラ等の鳥獣用監視カメラなどでも補助が下りると思われます。

空き店舗等対策事業補助金

 

制度名 空き店舗等対策事業補助金
申請期間等 随時
対象 下記の条件を満たす法人または個人
・市民または市内に事業所を持つ法人で週5日以上営業すること
・対象区域内でひと月異常使用されていない建物を利用する場合
・市税等を滞納している方、破産等をしている方、暴力団関係者、当該物件を所有若しくは管理している方やその親族、市内他店舗を閉鎖して出店する、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく許可・承認を擁する事業、宗教活動や政治活動を目的とする事業、その他公序良俗を害すると市長が判断する事業を行う場合は除く
補助金/助成金の別 補助金
補助限度額 100万円
補助割合 2/3 以内
参考URL http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/soshiki/16/7142.html
http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/uploaded/life/7142_16497_misc.pdf

カメチョ的チェックポイント

白石市では地域活性化のための空き店舗対策事業に対する補助金も防犯カメラなどの防犯設備に活用できます。

美しい森林づくり基盤整備事業補助金

 

制度名 美しい森林づくり基盤整備事業補助金
申請期間等 随時
対象 森林組合及びその他市長が適当と認める林業団体及び森林所有者で、特定間伐促進計画への加入申請をしたもので、森林の有する多面的な機能の持続的な発揮を図るため、美しい森林づくり基盤整備事業に資する活動を行う団体または個人。
補助金/助成金の別 補助金
補助限度額 制限なし(年度予算の範囲内)
補助割合 1/2
参考URL http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/reiki/reiki_honbun/c207RG00000763.html

カメチョ的チェックポイント

白石市では林野庁の方針に従って、森林ほごのための補助金も整備されていますので、森林への不法投棄対策の監視カメラなどに対しても補助を受けることが出来るかも知れません。ただし、基本的には間伐材など需要が低く価格が安い材木の搬出等を補助するための補助金ですので詳しくは市に問い合わせてみましょう。