広島県の防犯カメラ・監視カメラの設置に活用できる補助金・助成金制度一覧(平成28年度/2016年度版)

広島市の地域防犯カメラ設置補助制度について

名称 地域防犯カメラ設置補助制度
補助金・助成金の種類 補助金
申請期間 平成28年6月まで
対象 防犯活動を行っている町内会・自治会、連合町内会、防犯組合、防犯組合連合会、その他市長が適当と認める団体

補助金の申請希望(事前協議申請)のあった団体の中から、防犯活動や犯罪情勢等を考慮した上で、補助対象団体を決定します。

補助対象経費(防犯活動の一環として設置されることが前提)

1 防犯カメラの機器購入及び設置工事にかかる経費
2 防犯カメラの設置を示す看板設置にかかる経費

補助割合 補助対象経費の3/4以内(千円未満切捨て)
限度額 1台につき30万円を限度

詳細ページ

福山市の2016年度福山市防犯カメラ設置促進事業について

名称 2016年度福山市防犯カメラ設置促進事業
補助金・助成金の種類 補助金
申請期間・期限 2016年(平成28年)7月29日 金曜日
対象  防犯カメラ設置に伴う補助金の交付を受けようとする,地域団体・事業者の方は
次の条件を満たすことが必要となります。
● 防犯カメラは福山市内に設置されるものであること
● 防犯カメラは屋外の公共空間を撮影するものであること
● 設置及び利用基準を作成すること など
補助割合 地域団体:防犯カメラ機器購入及び取り付け経費の10分の9以内。
事業者:防犯カメラ機器購入及び取り付け経費の3分の1以内。
限度額 地域団体:80万円を限度とする
事業者:30万円を限度とする。

詳細ページ