福岡県の防犯カメラ・監視カメラの設置に活用できる補助金・助成金制度一覧(令和2年度/2020年度版)

福岡県への防犯カメラの設置にあたり、地方自治体からの補助金や助成金を受け取ることで、設置費用や維持費の一部のコストを削減することができる場合があります。

防犯カメラの設置やその維持には、コストがかかり大変であるとあきらめている方は必見です。

福岡県内の下記の自治体にて現在、補助金制度や助成金制度が実施されておりますのでぜひ参考としてご覧ください。

 

『福岡市』における街頭防犯カメラ設置補助金制度について

名称 令和2年度 福岡市街頭防犯カメラ設置補助金制度
補助金・助成金の種類 補助金
申請期間 令和2年4月~6月まで
対象 防犯カメラ、録画装置等の設置に係る下記の経費を補助します。
(1)防犯カメラ、録画装置等の機器購入費用及び設置工事に係る経費
(2)防犯カメラの設置を示す表示板等の設置に係る経費
補助割合 4分の3
限度額 自立柱を建設の上防犯カメラを設置する場合は1台につき250,000円を限度・
それ以外の場合は1台につき200,000円を限度。2台目以降1台につき100,000円を限度。4台まで

詳細ページ

 

『八女市』における防犯カメラ設置補助制度について

名称 八女市防犯カメラ設置補助金
補助金・助成金の種類 補助金
申請期間 平成30年から予算額に達するまで
対象 ・防犯カメラ、録画装置等の機器購入費及び設置工事費用
・防犯カメラの設置を示す看板設置費用
・その他設置に必要な経費
※1 補修費用、修理費用、電気料金等の維持管理費は対象となりません。
※2 既に事業を開始されていたり、事業が終わっているものについては対象となりません。
補助割合 4分の3
限度額 防犯カメラ1台につき25万円まで
1団体4台まで/年間

詳細ページ

『春日市』における街頭防犯カメラ設置補助制度について

名称 春日市街頭防犯カメラ設置事業費補助金
補助金・助成金の種類 補助金
申請期間 令和元年~
対象
1,街頭防犯カメラ等の購入費又は賃借料
2,街頭防犯カメラ等の設置に係る工事費
3,街頭防犯カメラにより撮影していることを示す看板等の作成及び設置に係る費用
補助割合 2分の1
限度額 10万円

詳細ページ

『宗像市』における防犯カメラ設置補助金事業について

名称 宗像市防犯カメラ設置補助金
補助金・助成金の種類 補助金
申請期間 平成30年から
対象 補助金の対象となる経費は宗像市内において新たに設置する防犯カメラに要する費用のうち、次に掲げる費用とする。ただし地代及び占用料並びに保守費、修理費、電気料金等維持管理にかかる費用を除く。
(1) 防犯カメラの機器購入費用及び設置にかかる費用
(2) 防犯カメラの撮影を示す看板購入費用及び設置にかかる費用
(3) 画像を確認するために必要な機器購入費用
補助割合 2分の1
限度額 ・自立柱(ポール)の建設を伴う防犯カメラを設置する場合に対する補助:1台につき250,000円。
・上記以外の防犯カメラを設置する場合に対する補助:1台につき200,000円。ただし、2台目以降は1台につき100,000円

詳細ページ

まとめ

以上が福岡県内で、現在申請を受け付けている防犯カメラ設置にかかる補助金制度になります。4月以降から順次、受付が開始される補助金制度が発表される可能性もありますので、カメチョでは最新情報を随時更新していきます。