ネットワークカメラ設定の鬼門!【ダイナミックDNS設定】について

ダイナミックDNS設定について

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

みなさん、こんにちは、カメチョ編集部です。以前の記事で防犯カメラ・監視カメラの設置方法でネットワーク初心者がつまずきがちな「ポート開放方法」についてご紹介しましたが、同じく少し専門的な内容である「ダイナミックDNS設定」についてご紹介したいと思います。

ダイナミックDNS(DDNS)とは

ダイナミックDNSとは(Dynamic Domain Name System)の略称です。

通常家庭内のネットワーク機器をルーターを通してインターネットに接続するにはインターネット接続サービス業者(OCNのNTTコミュニケーションやYBBなどのフレッツ回線対応プロバイダーやJ:COMなどのケーブルテレビ業者などなど)が自宅のモデム/ルーターに対してグローバルIPアドレスを自動的に割り振ります。
このグローバルIPアドレスは一度割り振られるとずっと同じIPアドレスというわけではなく、定期的に変更になったりモデムの再起動などで変更になったりします。自宅のPCからホームページを閲覧するなどの用途なら自宅のモデム/ルーターは割り振られたIPが分かるので閲覧するホームページのURL(IPアドレスを数字の羅列に変換したもの)さえ分かれば接続が成立するのですが、外部から自宅のネットワークを参照する場合にはIPアドレスが確認できなくなってしまいます。
ネットワークカメラで監視カメラシステムを構築している場合には、IPが変動してしまったとしても、カメラのIPアドレスだけ分かれば今までと同様に外部から見られるのですが、変動する以前のIPアドレスを要求(リクエスト)しても当然見られませんよね。手紙でいう「住所該当なし」で帰ってくるのと同じです。
これを解決させるのがダイナミックDNSです。自宅のネットワークに設定されていたグローバルIPと新しく割り振られたIPアドレスを紐付けてくれるシステムです。住所の例えで言うと郵便局に住所変更の届出を行っておくのと似ています。(あくまでも簡単に説明しているので細かい説明は省いていますが)。
ダイナミックDNSサービスですが、カメラメーカーが提供しているものもあれば、無料で個人や団体がシステムを公開しているもの、ネットワーク業者が有料で提供しているものなどがあり、機能も様々です。

ご自宅の監視カメラの設定でお悩みではありませんか?防犯カメラの設定はもちろん、設置方法や接続できない、映像が映らないなどご自身で解決できそうに無い場合は、防犯カメラのプロに無料相談してみましょう。設置業者の紹介や設置・導入のサポートを致します。
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

ハードウェアメーカーが行っているダイナミックDNSサービス

  • バッファロー:バッファロー・ダイナミックDNSサービス(年間3,600円)
  • Panasonic:みえますねっと(月額980円、録画映像の保存用のオンラインストレージサービスあり)
  • KGUARD:kguardDDNS(無料、但し同社のカメラ購入ユーザーのみ)
  • NEC:NEC WARPSTAR(無料、但し同社のWARPSTAR購入ユーザーのみ)
  • IOデータ:iobb.net(無料、同社のNAS、ルーター、ネットワークカメラのDDNS製品に対応するサービス、中古での機器購入でも利用できます)

その他無料で使えるダイナミックDNSサービス

  • NO-IP:no-ip(基本利用無料、有料プランあり、運営は海外なのでマニュアルなどは英語)
  • 有限会社アゴラ:ieServer.netダイナミックDNSサービス(無料)
  • フルカワシステムデザイン:DynamicDO.jp無料ddo.jpサブドメインDDNS(無料、有料プランもあり)

まとめ

おすすめのサービスは、無料で利用が出来る有限会社アゴラieServer.netの「家サーバープロジェクト ダイナミックDNSサービス」が便利です。ただ、無料のサービスなどはいつサービスが終了するか分からない点と、セキュリティ上の問題が発生したときの責任を負ってくれないので、安定性で考えるならメーカーのサービスもしくは有料のサービスを利用するのがよいのではないでしょうか。インターネットの接続プロバイダーも500円~1,000円ほどで固定IPサービスを提供していることもあるので、もし契約しているプロバイダーが固定IPサービスをオプションとして用意しているようでしたらそちらも検討してみてください。

筆者が自宅を監視するなら無料のダイナミックDNSサービスを提供しているカメラメーカーの製品を購入します。防犯カメラは出来れば本体に録画機能が付いたものが望ましいですが、もしNAS録画に対応したカメラが有ればコストしだいで選択します。とはいえ、個人宅の監視ならもしかするとダイナミックDNSの設定は不要かもしれません。というのも、ローカルネットワーク内にNASを構築してる場合は動的にIPアドレスが変わっても録画は出来ますし、全国で約2,000万世帯が利用しているNTTの光回線サービスであれば、あまりIPアドレスが変わらないので、変更になったときに逐次外出先からの参照IP変えればいいだけですし。
NTTフレッツ光回線であればモデムの電源が再起動されない限りIPアドレスが変わることはほとんど無いはずです。以前Yahoo!BBのプロバイダーサービスを利用していましたが、プロバイダーを解約して光回線のみ残していれば解約の翌月になってもIPが生きているので普通に使えました。

とはいえ、昨今のネットワークカメラはネットワークカメラこのような面倒くさい設定が不要で使えるものも多数発売されていますので、そういった商品がどのような仕組みで動いているか理解した上で、利用することを検討してみましょう。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。