複数台の防犯カメラを設置するなら知っておきたいVMS、NVR、CMS、DVRの違い

防犯カメラのレコーダーには様々な種類がある

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

みなさん、こんにちは。カメチョ編集部です。今回は、防犯カメラ・ネットワークカメラを導入するときに必要になる録画機器やその管理ソフトに関してお伝えしたいと思います。レコーダーを導入する際にはNVRやCMS、DVRやVMSなど3文字のアルファベットが飛び交うこともしばしばですので、今回は、その違いを説明したいと思います。

最も一般的なレコーダー「DVR」

一般的な防犯カメラのレコーダー

ごくごく一般的なDVR。DVRには大抵LinuxベースのOSがインストールされており、マウスとモニター等を直接接続して操作・モニタリングする。安価なものは本体のボタン等で操作するものもある。

DVRとはDigital Video Recorder(デジタルビデオレコーダー)のことで、HDD(ハードディスクドライブ)などにデジタル方式で記録を行う防犯カメラ用のレコーダーのことです。録画データ自体をデジタル方式で記録するので、カメラが旧来のアナログ方式のカメラであってもDVRがデジタルデータに変換して記録を行います。家庭用の防犯カメラで用いられるレコーダーはほとんどがこのタイプで、形や仕組みはテレビ用のレコーダーと近いものですが、録画できるチャンネル数が多いのが特徴です。

ネットワークカメラの価値を高めるレコーダー「NVR」

NVRはネットワークに接続して遠隔地のカメラの映像を録画したり、遠隔地でのモニタリングを可能にするレコーダーだ

写真はSynology社製の低価格・高機能NVR「DSシリーズ」

NVRとは、Network Video Recorder(ネットワークビデオレコーダー)の略で、ネットワークに接続する機能を持ったDVRの機能を持った録画機器のことをいいます。従来はラック型のサーバーなど比較的大きなサイズの筐体に納められた製品が多かったのですが、最近では、Synology社やQNAP社のLynuxOSベースで動くPCより小さなサイズの製品も一般的に用いられるようになってきています。また、最近はDVRもカメラと同軸ケーブルなどで接続し、ネットワークに接続する機能を持っていることも多いので、DVRとNVRの違いは遠隔地のネットワークカメラをグローバルネット経由で録画できるかという点が挙げられます。

防犯カメラの設置・導入をお考えですか?防犯カメラ自体についてはもちろん、レコーダーやセンサー、電源などの周辺機器の選び方や導入時の注意点など防犯カメラの設置・導入のお困りごと解決ならおまかせください。本サイトでは、防犯カメラ設置のプロに無料でご相談いただけますので、ぜひ、ご活用くださいね。
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

大規模監視のカメラシステムで利用される「VMS」、「CMS」(正確に言うとレコーダーではない)

VMS/

サーバーにインストールして利用されるソフトウェアを指すのがVMS/CMSだ

正確に言うとこの2つはレコーダーではなく録画する映像等を管理するシステムのことです。VMSはVideo Management System(ビデオマネジメントシステム)、Central Management System(セントラルマネジメントシステム)と呼ばれます。どちらも録画する映像を管理するソフトウェア/システムということは変わりません。VMSが比較的小規模、CMSが比較的大規模なシステムを呼称するときに使われますが、VMSという用語の方が一般的なので、CMSという言葉を耳にする機会はそこまで多くないかもしれません。大規模な監視カメラシステムに適しており、数百台から数千台のカメラを管理できるシステムに用いられることもあります。録画した映像の記録やモニタリングだけではなく、警報機器やセンサーとの連携や、映像を分析して特定の物体を検知したりする仕組みが備わっている場合が多いです。異なるVMSを統合して一括管理するマルチベンダー対応のCMSなどもありますが、大規模商業施設や交通システム、市街地の監視などに活用されることが多いシステムです。VMSの世界最大手であり、最も知名度があるのは「マイルストーン・システムズ社」というデンマークの会社で、2014年にキヤノングループのキヤノンヨーロッパに買収されています。

まとめ

いかがだったでしょうか。防犯カメラ・監視カメラのレコーダと一口で言っても様々な種類があることがわかったと思います。最近は一般家庭でも自宅のプライベートクラウドとしてNAS(Netword Attached Storage:インターネットに接続して外部からデータを参照したり書き込んだり出来るHDDのこと)を活用する人も多くなってきており、専門知識の無い人でもそのNASをNVRとして利用するためのソフトウェアをNAS自体にインストールして使う、なんてことも可能になってきています。規模や用途に応じて適切な監視カメラシステムを構築するようにしましょう。

参考サイト:
キヤノン株式会社HP[プレスリリース(キヤノンヨーロッパによるマイルストーンシステムズ社の買収について)2014.6.13](外部サイト)

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。