防犯カメラ・監視カメラ用語集

防犯カメラや監視カメラの導入を考えている方に向けて専門用語の解説です。
ご自宅やオフィス、店舗などに防犯カメラ、監視カメラ、ネットワークカメラを導入する際にぶつかる疑問を解決するべく、「カメチョ」では専門用語を、分かりやすさを意識して解説いたしますので比較検討時の知識としてお役立てください。

EIA-485(RS-485)

英語表記:EIA-485(RS-485)
読み:イー・アイ・エーよんはちご(アール・エスよんはちご)

EIA-485(RS-485)とは、電子機器同士で情報をやり取りする通信規格のひとつ。防犯カメラにおいては、PTZ制御を行うためにこのEIA-485の端子がカメラ及びカメラハウジングに用意されていることが多い。2軸のツイストケーブル(RS-485+/RS-485-)とそれに対応する端子で構成されており、レコーダー(またはPTZコントローラー)とカメラ(またはカメラハウジング)を接続することで操作が可能になる。
IPカメラにおいては通常LANケーブルを用いて制御を行うため、この端子は不要であるが、一部の高価格製品の場合には、カメラ本体からカメラハウジングに「首振り」の情報を伝達するためにこの端子を備えているものもある。

ソニーのネットワークカメラSNC-BV635の画像

ソニーのネットワークカメラ[SNC-VB635]はネットワークカメラでありながら背面には首振りや外付けレンズを制御するためのRS-485端子が設けられている。[製品情報:ソニー公式ホームページSNC-VB635]