ネットショップと同様に店舗でもAIが商品をリコメンドする「RetailNext」社のサービス

"Amazon"化する店舗~店舗内の顧客の動きを販売機械に~

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
お電話でのご相談はこちらの番号から[0120-995-062](土日祝を除く9:00~18:00)

みなさんこんにちは。今回は小売店舗の顧客分析を、カメラ映像を解析することで行ってしまうサービスを提供しており、この分野で恐らく世界で最も先行している米国のIT企業RetailNextをご紹介したいと思います。

米国RetailNext社が提供している店舗支援サービスとは

RetailNext社は店舗販売小売店舗に向けて店舗の各種データからマーケティングに活用できる製品、サービスを開発している企業です。2007年に世界最大の業務用ネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズのエンジニア達によって設立されました。店舗分析に必要な多様で膨大なデータを収集し、解析する統合的なシステムを提供しており、これまで全世界で300社以上の導入実績があり、ベンチャーキャピタルなどの投資会社からの資金調達に成功し成長しています。このRealNextプラットフォームは下記に記載した①~③の3段階のフローを繰り替えることでPDCAを回して支援を行うツールになっています。
日本国内においては同社の日本法人である、リテールネクストジャパン合同会社によって2013年よりサービス提供が開始されており、ランジェリーショップのPEACH JOHNでも導入されています。

①情報を収集する

様々な情報を様々なデバイスと連携することで収集している

RetailNextのプラットフォームは膨大なデータを収集することから始まります。主に下記のデータを収集し、統合します。

  • ビデオカメラフィード
  • POS (販売時点情報管理) システム
  • Wi-Fi および Bluetooth が有効化されているモバイルデバイス
  • ゲスト Wi-Fi に接続したデバイス
  • 人事管理システム
  • 勤怠・シフト管理システム
  • 販促用カレンダー
  • 気象データ

②情報を基に分析を行う

分析結果をビジュアル化して表示させる

RetailNextの分析エンジンは膨大かつ多種多様なデータを分析が出来るアルゴリズム設計がなされています(この分析がこのプラットフォームのコアになる技術になっています)。また、小売店舗だけでなく、飲食店やショールームなどの用途にも対応しています。複数店舗から届くデータを一元管理する仕組みやリアルタイム処理などの機能も実装しています。

③表やグラフでビジュアル化することでインサイト(顧客の購買意欲や動機)を得る

的確なインサイトを得ることが出来る

分析結果は視覚化された分かりやすい形で提供することでより直感的に顧客の動向や傾向を判断出来るようになっています。また、売上や顧客体験の質の向上のための具体策を実施する助けになります。例えば店舗の商品レイアウトや内装、スタッフ配置、接客方法、商品構成などについて様々な問題点と解決策が得られるはずです。下記に示すような様々なインサイトが得られるはずです。

1)店舗の顧客像

  • デモグラフィック情報 (性別や年齢など)
  • 新規顧客かどうか
  • リピーターの頻度
  • 顧客住所の地理的範囲
  • 顧客の関心

2)来店者数

  • 店前通行量に対する入店率
  • ユニーク来店者数
  • 来店者数(合計)における、スタッフ一人当たりが対応する顧客の割合
  • 1日を通した来店者数と比較した上で、人員配属の人数は適していたか?

3)店舗内での消費者の行動形態

  • 消費者の商品への関わり方
  • 店舗内の消費者の行き先 (移動先の部門、通路、展示セクションなど)
  • 上記エリアへの移動順
  • 実際に立ち止まって商品を見るのはどのような場所か
  • 消費者の関心を惹いている内容
  • 最終的に何を購入しているか
  • レイアウトや商品配置場所の変更が店舗の業績に与える影響

4)従業員が店舗の業績に与える貢献度やその方法について

  • ニーズに対応するために、人員を適切に配置しているか
  • 従業員の生産性
  • 従業員はどこで時間を費やしているか
  • 従業員の接客方法について
  • 彼らの接客方法が、店舗の業績にどのように影響しているか
 5)主要業績評価指標 (KPI) に対する店舗のパフォーマンス
  • 既存店売上高、コンバージョン率、アベレージチケット値などはどうか
  • 人員配属や顧客基盤の構成内容が KPI にどのように影響しているか
  • 天候や、来店せずに通り過ぎる潜在的な顧客数など、他に懸案すべき外的要素はあるか

引用元:RetailNext HPより

中でも監視カメラを活用したソリューションは先行している

監視カメラから見た店舗内の写真

その中でも顧客データ計測端末Aurora(オーロラ)を利用した店舗分析サービスは、店舗内に設置される専用の監視カメラで顧客の動き(トラフィック)をモニタリングすることで、来客した顧客の動きや滞在時間の長さ、Wifiへの接続回数から分かる来店頻度、どんな商品に関心を持っているか、時間帯別の店舗の状況などの分析を行ってくれるものです。

RetailNextの高機能端末Aurola(オーロラ)

立体視が可能になる2個のカメラ、映像を記録する内部ストレージそして無線接続可能なネットワーク機能を備えたRetailNextプラットフォーム用の高機能端末Aurola(オーロラ)

小売店のマーケティング活用のための防犯カメラをお探しですか?マーケティング利用するための新規設置はもちろん、既存設備の見直しについてもおまかせください。本サイトでは、防犯カメラ設置のプロに無料でご相談いただけますので、ぜひ、ご活用くださいね。
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。

まとめ

簡単にまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。小売業界における表情を読み取れるアロバの「アロバビューコーロ」や顔認証から正確な年齢を読み取るNECの「NeoFace」など様々な画像解析・映像解析技術は各社から発表されていますが、やはり実践的な施策としての利用となるとITベンチャー先進国のアメリカに利が有るようです。日本の場合には個人情報法の関係で顔認証導入のリスクがある場合も多くありますので注意が必要でしょう。

参考/画像引用元:RetailNext HP(外部サイト)

カメチョでは、「RetailNext」以外にも小売店のマーケティングに活用できるVMSや画像解析システムのご相談も受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

防犯カメラ・監視カメラのお悩みならお任せください!カメチョの防犯カメラ無料相談窓口防犯カメラ・監視カメラのお悩みを無料で解決!防犯カメラ相談窓口
メールでの無料相談はこちらから>>
お電話での無料相談はこちらから『防犯カメラ設置の無料相談をしたい』とお伝え下さいね。
>0120-995-062<
※スマホは電話番号タップで発信できます。